耳鳴りについてよくある質問について | MEDLEY(メドレー)
めまい・耳鳴り
最終更新: 2018.03.19

耳鳴りについてよくある質問について

耳鳴りに関連して、よくある質問をこのページにまとめました。ライブやコンサート、風邪と耳鳴りの関係を説明しています。

1. ライブやコンサートで経験する耳鳴りの原因について

ライブなど激しい騒音の環境下では、急に耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りが現れることがあります。これは音響外傷(おんきょうがいしょう)と呼ばれるものです。騒音が原因で、音を感じる細胞が傷つくのが原因です。ヘッドホンやイヤホンによる音響外傷も起きますので、音量には気をつけてください。

騒音性難聴と似ている印象を持つかもしれませんが、音響外傷は一時的なものです。騒音性難聴は騒音現場で何年も働き続けいているうちに、少しずつ進行していくもので、音響外傷とは異なります。一方で、音響外傷静かな場所に戻れば自然に治ります

2. 風邪が治っても続く耳鳴りの原因について

風邪のときに耳鳴りが聞こえることはよくあり、発熱や倦怠感(だるさ)がおさまっても耳鳴りが何日か続くことがあります。治りが悪い耳鳴りの原因としては、鼻づまりで耳管(じかん)が詰まっていることが考えられます。

イラスト:耳管(じかん)から入る空気が中耳(ちゅうじ)の圧を維持する

耳管は鼓膜(こまく)の奥にある中耳(ちゅうじ)と鼻をつなげる構造物です。中耳内の圧の調整をする役割があります。普段、耳管は閉じているのですが、つばを飲み込むときやあくびをするときに、耳管が開いて空気が通り、身体の外の気圧と中耳の圧が同じにするのです。

エレベーターや飛行機で気圧が変わったとき耳が変な感じになるのを予防するために、つばを飲み込んだりあくびをしたりして調整する人は少なくありません。つばの飲み込んだりあくびをすることによって、耳管が開き圧が調整されているのです。

耳管の出口は鼻の中にあるので、風邪で鼻が詰まってしまうと、耳管も詰まりやすくなってしまいます。つまり、耳管による中耳の圧の調整がやりづらくなっているのです。

風邪の耳鳴りは急性中耳炎に注意が必要

風邪のときの耳鳴りで懸念されるのは、急性中耳炎が隠れていることです。風邪のとき耳管を通って中耳に入り込んだ病原体が感染を起こすと、急性中耳炎になります。子どもに多い病気です。急性中耳炎の症状は、耳の痛み、聞こえづらさ、耳鳴りなどです。鼓膜が破れると、耳から液体やうみ)が出てることがあります。

症状が軽い場合は自然に治ることもあるのですが、痛みが強い場合や熱が続く場合には、抗菌薬抗生物質、抗生剤)を使ったり、鼓膜を切開して溜まっている膿を出こともあります。風邪のときや風邪のあとの耳鳴りで、耳の痛みや聞こえづらさもあり、普段とは違うと思ったら、耳鼻咽喉科で相談してください。

詳しくは「急性中耳炎の詳細情報」で説明しています。



めまい・耳鳴りに関する他の詳細情報