[皮膚科]の病気一覧

  • IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)

    アレルギー反応により全身の毛細血管に炎症が起こり、全身にむくみが起きたり、内出血が起こる病気。多くの場合は、自然に治る。
    全身・その他
    血液・血管
    アレルギー・膠原病科
    一般内科
    皮膚科
  • 扁平苔癬

    皮膚の病気の一つ。最初に赤や紫がかったボツボツの発疹ができ、次第にそれらが広がってカサつきが強くなってくる
    頭・顔・口
    皮膚
    皮膚科
  • スウィート病

    発熱、好中球の増加、身体に生じる赤い斑点が特徴的な病気
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    血液内科
    皮膚科
  • 顔面単純性粃糠疹(はたけ)

    円形や楕円形の、脱色したような斑点様の皮膚変化を生じる病気。小どもの顔面に生じやすい
    頭・顔・口
    手足
    皮膚
    皮膚科
  • 尋常性魚鱗癬

    皮膚が硬くなり、うろこのようなかさつきが全身にできる遺伝性の皮膚の病気
    皮膚
    皮膚科
  • 乾癬性関節炎

    免疫の異常で皮膚の変化が生じる病気である乾癬が原因で、関節の痛みや腫れが生じた状態
    皮膚
    骨・関節
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • ボーエン病

    皮膚にできる悪性腫瘍(がん)の一種。中高年に多い。紫外線や、ウイルス感染、ヒ素中毒が原因となることが知られている
    皮膚
    皮膚科
  • 単純疱疹(単純ヘルペス)

    単純ヘルペスウイルスに感染した状態。皮膚に水ぶくれができる。顔に出やすい1型と、陰部に出やすい2型がある
    頭・顔・口
    陰部・肛門
    一般内科
    感染症内科
    小児科
    皮膚科
  • 日光角化症

    日光などの紫外線を浴び続けて来たことによって発症する皮膚の変化。有棘細胞がんの初期変化として考えられている
    皮膚
    皮膚科
  • ウェーバー・クリスチャン病

    脂肪織(皮膚の深い部分)に炎症がおき、痛みを伴う皮下結節ができる。はっきりとした原因は分かっていない。
    全身・その他
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 水疱性類天疱瘡

    体内で作られた自己抗体(自分の体を攻撃する免疫物質)によって、皮膚に水疱(水ぶくれ)ができる疾患
    血液・血管
    皮膚科
  • 陰茎がん

    陰茎の皮膚にできるがん。稀ながん
    陰部・肛門
    緩和ケア科
    腫瘍内科
    泌尿器科
    皮膚科
  • 猩紅熱

    A群β溶連菌という細菌へ感染して、急性咽頭炎や全身の発疹を起こす病気。腎臓や心臓に合併症を起こすことがある。
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    一般内科
    感染症内科
    小児科
    皮膚科
  • 蜂窩織炎(蜂巣炎)

    皮膚の下の蜂窩織と呼ばれる部位(真皮から脂肪織と呼ばれる、皮膚の表面を除いた部分)が細菌に感染し、炎症を起こす病気
    全身・その他
    皮膚
    一般内科
    感染症内科
    整形外科
    皮膚科
  • アナフィラキシー

    強いアレルギー反応により、窒息など命の危険が引き起こされた状態
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    アレルギー・膠原病科
    救急科
    皮膚科
  • 汗疹(あせも)

    汗が皮膚に閉じこめられたことが原因で起こる、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 特発性浮腫

    むくみがあるにも関わらず、様々な検査を行ってもその原因が特定できない病態
    全身・その他
    一般内科
    皮膚科
  • ジベルバラ色粃糠疹

    10代から30代に多い、胴体に生じやすい赤い発疹(ブツブツ)を特徴とする疾患。自然と治り、重症化することはほぼない
    皮膚
    皮膚科
  • 多毛症

    毛が多い、または硬毛である状態
    皮膚
    皮膚科
  • 多形滲出性紅斑

    感染症や薬の副作用で起こる皮膚症状。腕や脚を中心に両側にの皮膚に、丸くて赤い皮膚の盛り上がり(浮腫)が起こる
    全身・その他
    皮膚
    骨・関節
    皮膚科