[脳神経外科]の病気一覧

  • 一過性脳虚血発作(TIA)

    脳の血流が一時的に悪くなり、脳梗塞のような症状が短時間現れて消える病気。数日以内に脳梗塞に進行する可能性がある
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    神経内科
    脳神経外科
  • アルツハイマー病

    認知症を引き起こす原因として最も多い病気。記憶や思考能力がゆっくりと障害されていく
    全身・その他
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    神経内科
    脳神経外科
  • 急性硬膜外血腫

    脳を覆う硬膜表面の血管から出血して、硬膜と頭蓋骨の間に血の溜まりが生じた状態。交通事故などによる強い衝撃で起こりやすい
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    救急科
    脳神経外科
  • 頭蓋底骨折

    頭蓋骨の奥の底の骨が骨折した状態
    頭・顔・口
    骨・関節
    脳神経外科
  • もやもや病

    脳に酸素や栄養を供給する太い動脈が、何年もかけてゆっくりと細くなっていき、不足した血液を補うために周りから細い血管(もやもや血管)ができる病気
    全身・その他
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • てんかん

    脳の細胞が一時的に異常な活動をすることで、さまざまな発作を起こす病気
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • 聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)

    良性の脳腫瘍の一種。耳と脳を繋げる神経にできる。手術が主な治療であるが、手術を行うかはよく検討することが必要。
    耳鼻咽喉科
    脳神経外科
  • 眼窩腫瘍

    眼の奥の「眼窩」と呼ばれる場所にできた腫瘍。腫瘍が、眼を動かす筋肉や神経を圧迫し、眼の動きや視覚に障害を引き起こす
    眼科
    脳神経外科
  • 眼窩底骨折

    眼窩(眼球を取り囲んでいる頭蓋骨の部分)の下の部分の骨折。スポーツや事故なで、強い衝撃が加わると起こる。
    頭・顔・口
    眼科
    脳神経外科
  • 髄膜腫

    脳腫瘍の中で最も多い、良性の脳腫瘍。脳を包んでいる膜(髄膜)からできる。
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
  • 結節性硬化症(プリングル病)

    全身(脳や皮膚、腎臓など)に良性の腫瘍がたくさんできる遺伝性の病気。顔面の腫瘍や精神発達の遅れ、てんかんを伴うことが特徴的な症状である
    頭・顔・口
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • 脊髄空洞症

    脊髄の中に空洞ができて、脊髄が傷つくことで様々な神経症状が現れる病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    小児外科
    整形外科
    脳神経外科
  • 頚動脈海綿静脈洞瘻

    近くに位置する別々の血管である、内頚動脈と海綿静脈洞と呼ばれる静脈が、直接繋がって血液が流れている状態
    脳・脊髄(中枢神経)
    心臓・血管外科
    脳神経外科
  • 髄芽腫

    主に子どもに起こる悪性の脳腫瘍。脳の中でも小脳に起こる
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    脳神経外科
    放射線科
  • 神経線維腫症2型

    遺伝的に両側の聴神経に腫瘍ができる疾患
    皮膚
    脳・脊髄(中枢神経)
    緩和ケア科
    耳鼻咽喉科
    脳神経外科
    放射線科
  • くも膜のう胞

    脳の表面を覆うくも膜の一部が袋状になった状態のこと。特に症状はないことが多い
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
  • 頭血腫

    出産時に産道を通る時の圧迫が原因で、赤ちゃんの頭にこぶ(血腫)ができた状態
    脳・脊髄(中枢神経)
    救急科
    産婦人科
    小児科
    脳神経外科