[神経内科]の病気一覧

  • HIV関連神経認知障害(HAND)

    HIV感染症の進行に伴って見られる認知機能障害
    全身・その他
    こころ
    感染症内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 急性散在性脳脊髄炎(ADEM)

    ウイルス感染後あるいはワクチン接種後などに、異常に活性化した免疫が脳や脊髄、視神経などを攻撃して炎症を起こす状態
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
  • レビー小体型認知症

    進行性の認知症の一種で、認知症症状に加えて、パーキンソン症候群の症状を示す病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 結節性硬化症(プリングル病)

    全身(脳や皮膚、腎臓など)に良性の腫瘍がたくさんできる遺伝性の病気。顔面の腫瘍や精神発達の遅れ、てんかんを伴うことが特徴的な症状である
    頭・顔・口
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • 緊張型頭痛

    頭や後頭部から首にかけての筋肉が緊張していることによる頭痛
    頭・顔・口
    首・のど
    ペインクリニック
    神経内科
    脳神経外科
  • 進行性核上性麻痺(PSP)

    脳の一部の神経が変性してうまく働かなくなってしまう疾患で、パーキンソン病とよく似た症状を示す
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    神経内科
  • 腓骨神経麻痺

    足首や足の指を持ち上げる運動とすねの外側から足の甲にかけての皮膚の感覚を支配している腓骨神経の麻痺
    手足
    末梢神経
    神経内科
    整形外科
  • 高齢者てんかん

    高齢者にみられる、てんかん発作の総称
    手足
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
  • フリードライヒ運動失調症

    脊髄小脳変性症の一種で、歩きづらさから始まり、運動機能障害が進行する遺伝性の病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    神経内科
  • 脊髄性筋萎縮症

    脊髄にある身体の運動に関与する細胞が変性することで、徐々に筋肉が弱くなっていく病気
    筋肉
    脳・脊髄(中枢神経)
    小児科
    神経内科
  • 先天性無痛症

    神経の異常によって、生まれつき痛みを感じないまま成長する病気。怪我をしても気づかない
    全身・その他
    小児科
    神経内科
  • ポンペ病

    ポンペ病は筋肉を中心に症状が見られる遺伝性の病気。酵素(α-グルコシダーゼ)の問題によって、筋肉に糖が過剰に蓄積することで起こる
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    手足
    筋肉
    末梢神経
    小児科
    神経内科
  • 急性横断性脊髄炎

    背骨の中にある脊髄に炎症が起こる病気。多発性硬化症や感染症、自己免疫疾患が原因と考えられている
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
  • くも膜下出血

    脳血管の一部が破裂して、くも膜と脳の隙間に出血が起こる脳卒中のことを指す。突然の激しい頭痛・意識障害などが特徴だが、症状が軽い場合もある
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    神経内科
    脳神経外科
  • ギラン・バレー症候群

    細菌やウイルスの感染をきっかけに、免疫が自分の神経を攻撃してしまい、感覚障害や筋力低下が起こる。
    末梢神経
    リハビリテーション科
    神経内科