[消化器内科]の病気一覧

  • 肝膿瘍

    肝臓の中に感染によるうみのかたまりができた状態。細菌感染やアメーバ感染が原因となる。
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    消化器内科
  • アメーバ性肝膿瘍

    アメーバ原虫の感染によって、肝臓内に膿が溜まった状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
    性病科
  • ウェルシュ菌食中毒

    ウェルシュ菌に汚染された食べ物による食中毒。加熱で予防できないことが特徴
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    消化器内科
  • 胃切除後症候群

    胃切除手術の後に起こるさまざまな障害の総称
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • アルコール性末梢神経障害

    アルコールを長期にわたり多量に飲むことで起こる末梢神経の障害。手足のしびれなどが起こる
    末梢神経
    リハビリテーション科
    消化器内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 特発性細菌性腹膜炎

    主に肝硬変の患者に起こる、腹水の感染。通常の腹膜炎と違い、他の感染症や消化管の穿孔などの原因がなく発症する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    消化器内科
  • 腸軸捻転

    腸が捻れてしまい、腸管の中の食べ物の流れや腸への血流が悪くなる病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    小児外科
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 腫瘍性膵のう胞

    膵臓にのう胞ができる病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • ガストリノーマ(ゾリンジャー・エリソン症候群)

    膵島細胞腫瘍の一種でインスリノーマの次に多い。胃酸の分泌が強くなるため胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起こる
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • セリアック病(グルテン過敏症)

    小麦などの穀物に含まれる「グルテン」を摂取すると異常な免疫反応が起きて、腸の粘膜に障害が起こる先天的な病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    小児科
    消化器内科
    代謝・内分泌内科
  • S状結腸軸捻転

    大腸のS状結腸という部分でねじれて、腸が詰まり血流が悪くなってしまった状態。腸に穴が開くなど重篤化することがある
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 消化管平滑筋腫

    食道や胃などの消化管の筋肉から発生する良性の腫瘍
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 神経内分泌腫瘍

    神経内分泌細胞から発生する腫瘍で、ホルモンを過剰に産生して特有の症状を出すこともある
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    緩和ケア科
    呼吸器外科
    呼吸器内科
    腫瘍内科
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 短腸症候群

    腸の病気などにより小腸の大部分を切除したことで、栄養の吸収不良と下痢が起こる状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • IgG4関連疾患

    臓器の腫れを特徴とし、IgG4という抗体が血液中で増えたり、腫れた臓器で沈着が確認される病気
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    アレルギー・膠原病科
    眼科
    耳鼻咽喉科
    消化器内科
  • 大腸憩室出血

    大腸憩室からの出血を大腸憩室出血と呼ぶ。
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科