医師たちがつくる病気事典メドレー

頚肩腕症候群

頚肩腕症候群の基礎知識

頚肩腕症候群とは?


症状

  • 首から肩、腕にかけての痛みやしびれ(異常感覚)、筋肉の凝り
  • 自律神経症状として、頭痛やめまい、ふらつきなど多彩ではっきりしない症状が出やすい

検査・診断

  • 基本的には同様の症状が出るような、他の病気が隠れていないかを調べるために画像検査が行われる
    • レントゲン
    • MRI

治療

  • 原因となっている行動、習慣や姿勢を治すことが大切
  • 日常や生活において、原因・誘因となる動作や姿勢を避けるようにする
    • 長時間同じ姿勢をとる(デスクワークなど)
    • 横になりながら長時間テレビを見る
    • 枕の高さや形が合っていない
  • 適度な運動、ストレッチ
  • お風呂に入ったり、蒸しタオルなどで温める
  • 病院で受けられる対症療法
    • 鎮痛薬、筋弛緩薬、抗不安薬、湿布
    • トリガーポイント注射
    • 理学療法、作業療法(マッサージ、温熱療法など)




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.