医師たちがつくる病気事典メドレー

廃用症候群

廃用症候群の基礎知識

廃用症候群とは?

  • 体の活動性が落ちた状態が続くことで、肉体的、精神的な機能の低下が起こり、その結果として現れる症状の総称
  • 高齢者の場合、ベッド上などで安静の状態が1週間続くだけで筋力の10-20%が落ちると言われており、特に高齢者では短期間の安静状態でも深刻な廃用症候群が起こる可能性がある
    • 短期間の入院などでも十分に起こりうる
    • 廃用症候群によって、寝たきりとなってしまったり認知症が進行する高齢者も少なくない

症状


検査・診断

  • 症状から診断する
    • 肺炎などの関節症が疑われれば血液検査や画像検査など、それぞれの状態に合わせて検査を行う

治療

  • 積極的にリハビリテーションを行うなど、不必要な安静を避ける
    • 入院の継続が必要な高齢者では、出来る限り速やかにリハビリテーション病院などの回復期病院に転院することも重要




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.