医師たちがつくる病気事典メドレー

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の基礎知識

周期性嘔吐症とは?

  • 激しい嘔吐を繰り返す小児の病気で、周期性嘔吐症、自家中毒とも呼ばれる
    • 脂肪を分解してエネルギーを補う際に出てくるアセトンが血液中に過剰に増えることが原因
    • アセトンが増加する原因は不明
    • 片頭痛と関連していると言われている
  • 2〜10歳の子供の2%程度に診られ、思春期になると多くは自然に治る 
    • 6歳ごろがピーク
  • 周期性嘔吐症の子供の30%は片頭痛を患う
  • 精神的ストレスや緊張、感染症、疲労、月経などが引き金となって発症することが多い
  • やせ傾向の乳幼児が早朝空腹時に起こしやすい
  • 数年の経過により自然に治癒する

症状

  • 主な症状
    • 嘔吐
    • 腹痛
    • 食欲不振
    • だるさ
  • 症状が起こる前に急に元気がなくなったり、腹痛が前兆となったりする
  • 吐物や呼気からは、リンゴの発酵したような臭い(アセトン臭)がする
    • 発作が年に何回も起こる

検査・診断

  • 症状の聴取
  • 他の嘔吐を起こすような疾患がないことを確認する
    • 尿検査
    • 血液検査
    • 腹部超音波検査   など

治療

  • 他の原因で嘔吐していないか、確認することが大切
  • 安静と輸液で全身状態を安定させる
  • 脱水を改善させ糖分を補うことにより、1回の症状は1-3日の間に落ち着くことが多い
    <予防>
    • 夕食をとらずに寝ると発症する危険が高いので、絶対に避ける
    • チョコレートなど脂肪分が多いものの摂りすぎも発症の誘因になるので注意が必要




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.