医師たちがつくる病気事典メドレー

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎の基礎知識

アフタ性口内炎とは?

  • 数mm程度の潰瘍を伴う、口内炎の一種
  • 主な原因
    • 口の中に傷ができることや、ストレスや疲労、栄養不足、その他の疾患などが原因となる
    • ビタミンB群やビタミンCが不足していると、口内炎になりやすいと言われている

症状

  • 典型的な症状
    • 口の中に、円形や楕円形の潰瘍ができる(口内炎の部位と正常な部位の境界がはっきりしていることが多い)
  • 特徴的な症状
    • 潰瘍の表面は白く見えることが多い
    • 潰瘍の中央は少しくぼみ、クレーターのような形をしている
    • 口の中であれば、頬の内側、舌、歯ぐきなど、どこにでもできる
    • 一度に数個程度の潰瘍が現れ、痛みを伴うことが多い

検査・診断

  • 基本的には問診と診察から診断される

治療

  • 主な治療法
    • 痛みを和らげる対症療法(症状を和らげる治療)が中心
    • クロルヘキシジンのうがい薬などを使用することもある
    • 潰瘍の数が少ない場合は、ステロイド軟膏を塗布する
    • 潰瘍の数が多い場合は、うがい薬が使われる
    • ステロイド軟膏を直接塗布しても治らない場合、
  • 効果的な予防方法や再発予防
    • 口腔内の清潔を保ち、栄養バランスを考えた食事や、規則正しい生活リズムを心がける

アフタ性口内炎の経過と病院探しのポイント


この病気でお困りの方

アフタ性口内炎は、いわゆる「口内炎」のことを指し、病気の中でも自己診断しやすいものの一つです。ほとんどの方が、多かれ少なかれ、一過性のアフタ性口内炎の経験があるのではないかと思います。

一般的な口内炎の大半は、自然経過で治ります。医療機関を受診すると軟膏の処方は可能ですが、それも炎症を抑える対症療法の意味合いが強く、治り方が大きく変わるというわけではありません。軽度のアフタ性口内炎であれば、とりあえず数日から一週間程度様子を見てみるのも良いでしょう。

口内炎がなかなか治らない、あるいは程度がひどく悪化する一方であるなどの場合には、一度受診して医師の診察を受けることをお勧めします。受診する科は内科または口腔外科が適切です。大病院ではなく近場のクリニックの受診が良いでしょう。

治療が難航する口内炎の中には、感染症手足口病口唇ヘルペス)や、免疫に関連した病気(ベーチェット病天疱瘡など)があり、そのような場合には口の中だけでなく全身の診察、検査、治療が必要となります。クリニックを受診する上で、口内炎の背景に他の病気が隠れていないかを確認するという点が重要であると言えます。長引く口内炎や、繰り返す口内炎で長期間お悩みの方は、一度このあたりの詳しい診察や検査を含めて受診を検討されてみてはいかがでしょうか。

件数は少ないですが、クリニック(歯科クリニックも含む)や病院の中には「口内炎外来」のように口内炎を中心に診療をしているところもあります。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.