医師たちがつくる病気事典メドレー

乳房パジェット病

乳房パジェット病の基礎知識

乳房パジェット病とは?

  • 乳頭、乳輪にできるがん
  • 中高年の女性に起こりやすいと言われている

症状

  • 乳頭、乳輪が赤くなりただれる(びらん
    • かさぶたのようになったり、湿疹のようになったりすることもある
  • 病気が進行すると、乳輪を超えて病変が拡がったり、乳頭が消失することもある
    • 乳がんに特徴的な乳房の「しこり」は乳房パジェット病では見られないことが多い

検査・診断

  • 顕微鏡検査:乳房パジェット病が見て疑われたら、病変の一部を採取して顕微鏡で検査
    • パジェット細胞と言われる特徴的ながん細胞が見つかれば乳房パジェット病の診断となる

治療

  • 乳房パジェット病と診断されれば乳房を切除する治療を行う
  • 乳房を切除する他には放射線治療やレーザー治療、化学療法(抗薬治療)を行う場合もある




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.