医師たちがつくる病気事典メドレー

坐骨神経痛

坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経痛とは?

  • 坐骨神経が圧迫されることで、足の痛みやしびれが生じる状態の総称
    • 主に、腰椎(腰の部分の背骨)の骨や椎間板が変形して坐骨神経を圧迫することが多い
  • 原因として多い疾患
    • 年齢が若い場合
      ・腰椎椎間板ヘルニア
      ・梨状筋症候群
    • 高齢の場合
      腰部脊柱管狭窄症
      ・腰椎椎間板ヘルニア

症状

  • 典型的な症状
    • 腰やおしりから太ももにかけての痛み、しびれが常にある
      ・左右のどちらか片側に起こることが多い
      ・太ももの外側や裏に多い
    • 少し歩くと脚が痛くなり、休み休みでしか歩けなくなる(間欠跛行
    • 体を動かした時(特に前かがみになったとき)に、脚のしびれや痛みがひどくなる
      ・靴下を履けない、靴紐を結べないなど
  • 重症であると以下のような症状も起こる
    • 安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない
    • 足に力が入りにくくなる
  • 稀に両側の脚に症状が出ることもある

検査・診断

  • 画像検査:坐骨神経が圧迫されている原因を調べる
    • 腰部レントゲン脊椎の異常がないかを調べる
    • 腰部CT:脊椎や骨盤の状態を詳しく調べる
    • MRI椎間板の状態や、実際に坐骨神経がどこで圧迫されているのかを調べる

治療

  • 治療には大きく分けて保存的治療と手術がある
  • まずは保存的治療から行うことが多い
    • 保存的治療の種類
      ・痛み止めの内服薬貼付薬
      神経ブロック
      理学療法:運動やストレッチによって改善することがある
  • 保存的治療の詳細
    • 痛み止めの内服薬、貼付薬
      ・日常生活に支障が出ない程度の痛みであれば痛み止めを使用して様子を見る
    • 神経ブロックでは、坐骨神経の周囲に局所麻酔薬を注射して痛みを緩和させることを目的とする
      ・根本治療ではないため、繰り返し行われる場合がある
    • 理学療法
      ・温めたり、筋力をつけたりすることで症状を抑える
  • 手術は以下のようなときに行う
    • 保存治療が効かない
    • 神経の障害によって、筋力低下や排尿の障害などがある
    • 原因が画像検査ではっきりしており、手術による改善効果が見込まれる

坐骨神経痛に関連する治療薬

プレガバリン(神経障害性疼痛治療薬)

  • 過剰に興奮した神経伝達を鎮め、神経が障害を受けることによる痛みを緩和する薬
    • 神経障害性疼痛は何らかの原因で神経が障害を受けて痛みがおこる
    • 神経細胞が興奮すると痛みを引き起こす神経伝達物質が過剰に放出され痛みが生じる
    • 本剤は神経の過剰な興奮を抑え、神経伝達物質の放出を抑える作用をもつ
  • 神経障害性疼痛の例
プレガバリン(神経障害性疼痛治療薬)についてもっと詳しく≫

ビタミンB12製剤

  • ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
    • ビタミンB12は水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンで細胞の分裂などに欠かせない核酸の合成に関わる
    • ビタミンB12は血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの合成に関わり貧血などを改善する
    • ビタミンB12は末梢神経の修復などに関わり、痛みやしびれなどを改善する
  • めまいや耳鳴りなどの治療に使用される場合もある
ビタミンB12製剤についてもっと詳しく≫




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.