医師たちがつくる病気事典メドレー

臍腸管遺残(卵黄腸管遺残)

臍腸管遺残(卵黄腸管遺残)の基礎知識

臍腸管遺残(卵黄腸管遺残)とは?

  • 通常生まれる前に無くなるはずの臍腸管が、生まれた後も残ってしまう腸の先天異常の一種
    • 初期の胎児には臍帯へその緒)と腸をつないでいる臍腸管(卵黄腸管)という管がある
    • 通常、妊娠5週以降で自然になくなるはずのものが、出産後になっても残っているのが臍腸管遺残
  • 臍腸管遺残の程度によってメッケル憩室や臍腸などの病気が起こる原因となる
    • メッケル憩室
    • 臍腸瘻(さいちょうろう)
    • 臍腸管索
    • 臍腸管のう胞
    • 臍ポリープ
  • 臍腸管遺残そのものは、単に腸の形が特徴的であるというだけで病気ではない
    • 症状がなければ基本的に治療はしない
    • 何かしらの症状が出現したときに、腹部手術などの治療を検討する







version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.