医師たちがつくる病気事典メドレー

亜急性皮膚エリテマトーデス

亜急性皮膚エリテマトーデスの基礎知識

亜急性皮膚エリテマトーデスとは?


症状

  • 日光が当たる部分に、左右対称に皮疹ができる
    • 中央の色が薄い円形(環状)の赤い皮疹
    • 表面がかさかさした盛り上がりのある皮疹(丘疹
  • SLEの症状を合併することはあるが、腎症状や神経症状が出ることは少ない

検査・診断

  • 血液検査
    • 自己抗体を調べる
  • SLEシェーグレン症候群などほかの自己免疫疾患と区別が難しく、症状から総合的な判断が必要となる

治療

  • ステロイドの飲み薬が使用される
    • 重症例では免疫抑制剤も一緒に使用される
  • 症状に応じてSLEと同じ様な治療が行われる
  • 紫外線に浴びることで、症状が出現したり悪化したりすることがわかっている
    • 紫外線にできるだけ当たらないよう、強い日焼け止めや長袖・長ズボンを服を身に着けることが重要

亜急性皮膚エリテマトーデスの経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

亜急性皮膚エリテマトーデスでは、胸や首などに赤い皮膚のまだら模様や円状の色の変化が現れます。

ご自身の症状が亜急性皮膚エリテマトーデスでないかと心配になった時、最初に受診するのは皮膚科が良いでしょう。亜急性皮膚エリテマトーデスの診断は問診と診察、血液検査などで行います。また皮膚生検といって、患部の皮膚を少量だけ採取して顕微鏡で観察することが確実な診断のためには最も有用です。他の病気を除外するためにレントゲンMRIなどの検査を行うこともありますが、画像検査で亜急性皮膚エリテマトーデスそのものを診断することはできません。


この病気でお困りの方

亜急性皮膚エリテマトーデスは自己免疫疾患といって、免疫細胞(白血球)が不適切に活動してしまうことが原因の病気です。したがって治療は、この免疫細胞の働きを抑えるような内服薬になります。

患者さんによって効果的な薬が異なることや、同じ薬でもどの程度の量で効果があるかが異なることから、通院しながら少しずつ薬を調整して、その人に合った処方を探します。多くの方にとって、治療のために入院が必要となる病気ではありませんが、完治が簡単に望める病気でもなかなかないため(症状が取れたり、薬の内服が必要なくなったりすることはあります)、継続的に通院を続ける必要があります。

亜急性皮膚エリテマトーデスは、全身性エリテマトーデスSLE)と症状が重なる疾患です。SLEの場合は膠原病科で診療をしますが、亜急性皮膚エリテマトーデスの場合には皮膚科が通院先になることも多いです。これらの病気は適切な治療を行っていても症状を抑えるのに時間がかかったり、再発を繰り返したりすることがあります。そのような時に疑問を伝えて相談できるような、信頼できる主治医を見つけることが大切です。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.