医師たちがつくる病気事典メドレー

薬物性歯肉肥大

薬物性歯肉肥大の基礎知識

薬物性歯肉肥大とは?

  • 薬の副作用が原因で歯茎(歯肉)が腫れる病気
  • 原因となりやすい薬物に抗てんかん薬がある
    • 代表的な薬物
      ・フェニトイン(抗てんかん薬、商品名アレビアチンなど)
      ・ニフェジピン(降圧薬、商品名アダラートなど)
      ・シクロスポリン(免疫抑制薬、商品名ネオーラルなど)

症状

  • 歯茎(歯肉)が硬くなったり腫れる
    • 歯が隠れてしまうぐらいまで歯肉が増えることがある
    • 出血や痛みはない
  • 歯茎が薄いピンク色になる

検査・診断

  • 症状に関する問診と診察から診断される
    • 原因となることがある薬剤があるかどうかを調べる

治療

  • 原因となっていそうな薬の使用を中止するもしくは他の薬剤に変える
  • 口腔内の衛生状態も重要
    • 口の中の清潔を保つ方法(口腔ケア、ブラッシング指導)も必要に応じて行う




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.