医師たちがつくる病気事典メドレー

肺動静脈瘻

肺動静脈瘻の基礎知識

肺動静脈瘻とは?

  • 心臓と肺を結ぶ「肺動脈」と「肺静脈」が、本来はつながらない部分でつながってしまう病気
    • 酸素の少ない血液が肺を通らずに全身に回ってしまうことにより、全身に酸素が十分届かなくなる
  • 先天的(生まれつき)肺動静脈瘻の場合では、遺伝性出血性毛細血管拡張症という病気の症状で起こることが多い
  • 後天的肺動静脈瘻の場合では、肝硬変や外傷で起こる場合が多い
  • 肺を通らない血流に乗って、血栓細菌の塊が脳などの臓器に達することがある

症状

  • 主な症状
    • チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になる)
    • 運動時の呼吸困難
    • 生後すぐには症状が現れないことが多い
  • 肺を経由せず全身に血液が回ることで感染症血栓症が起きやすくなり起こる病気
  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症がある場合は、脳動静脈奇形合併しやすく脳出血やけいれんなどを起こすこともある

検査・診断

  • 心臓の動きや大きさなどを調べる
    • 心電図検査
    • 心臓超音波検査
  • 必要に応じて心臓カテーテル検査でより詳しい検査を行う
  • 脳の異常などが疑われた場合以下の検査を必要に応じて行う
    • 画像検査:脳に損傷がないかなどを調べる
      頭部CT検査
      頭部MRI検査

治療

  • カテーテルを用いた血管内手術を行う
    • 肺動脈と肺静脈をつなげている血管を詰める
  • 症状がない場合でも、病気がわかった時点で治療を受けることが必要




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.