医師たちがつくる病気事典メドレー

心原性ショック

心原性ショックの基礎知識

心原性ショックとは?

  • 心臓の機能(血液を全身に送る)が障害されることによって、全身に送り出す血液の量が少なくなって生じた、危機的な状態のこと
    • 全身に血液が送り出せないと、それぞれの臓器で酸素が不足して、臓器が働けなくなる
  • 以下のような心臓の病気が主な原因となる

症状

  • 呼吸困難
  • 顔色や口唇の色の悪化
  • 発汗
  • 全身のぐったり感
  • 声をかけても反応が鈍い

検査・診断

  • 血圧の測定:心原性ショックが起きていれば血圧は下がる
  • 血液検査
  • 心臓の検査
    • 心電図
    • 胸部レントゲン
    • 心臓超音波検査:心臓の動きを見る
    • 心臓カテーテル検査:詳細な情報が必要な場合に行う

治療

  • 血圧を上昇させる処置を緊急で行う
    • 強心剤などの点滴薬
    • 水分を補うための点滴
  • 重症の場合
    • 大動脈バルーンパンピング:血管内に風船を入れて、心臓の働きを補助する
    • 人工心肺:人工心臓を用いて、心臓の働きの代わりをさせる

心原性ショックの経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

心原性ショックとは、心筋梗塞心筋症、その他心臓の病気が原因で命の危険にある状態をさす言葉です。急を要する重症状態でありながら診断がついていない時点では、救急科で診療が行われます。その後、心臓の病気が原因だということになれば、循環器内科へ治療の主体が移っていくことになります。

心原性ショックに陥っている状態であれば、強い胸痛があったり、意識がもうろうとしたりして自力で病院を受診するのが難しい状態だと考えられます。このような場合には救急車で受診することになるでしょう。救急隊は、近さや病院の専門性を考慮した上で、救命救急センターのような高度医療機関など、適切な病院を判断し案内してくれます。そして、ICU (intensive care unit), CCU (coronary care unit), HCU (high care unit) と呼ばれるような集中治療室に入院となるケースが多いです。

心原性ショックの診断のために行われる検査は、血液検査、心エコーカテーテル検査などです。中でも緊急でのカテーテル検査が必要となることが多く、もしある程度診断にめぼしがついているのであれば、救急車もカテーテル検査治療が行える病院を選定します。なおカテーテル検査(または治療)とは、手や足の血管からワイヤーを挿入して、血管内を通して心臓まで届かせるような処置になります。

その後は病気ごとに治療は異なりますが、点滴や強心剤でなんとかその場をしのぎながら、根本治療であるカテーテル治療などにつなぐというのが基本的な流れになります。

平日の日中であれば良いのですが、土日祝日や夜間は院内に残っているスタッフが少ないため、緊急でカテーテル処置を行える病院と、そうでない病院があります。ある程度の規模の病院や、普段からカテーテル処置の件数が多い病院の方が、時間外の緊急処置により迅速に対応できるところが多いでしょう。






version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.