医師たちがつくる病気事典メドレー

外傷性気胸

外傷性気胸の基礎知識

外傷性気胸とは?

  • けがが原因で生じる気胸の総称
    • 気胸とは、肺から胸腔(肋骨の内側と肺の外側に囲まれる空間)に空気が漏れてきてしまっている状態
    • 受けた傷の大きさや性質によって気胸の重症度が決まる
      ・肺に空いている穴が大きいと、大量の空気が胸腔に入り込んで溜まる
    • 重症度の高い気胸になると、肺だけでなく心臓や血管までもが圧迫されてしまい、呼吸や血圧の状態が悪くなってしまうことがある(緊張性気胸
  • 主な原因
    • 気胸が発生する要因として以下の状況がある
      ・けがの衝撃によって肺に傷がついて、外と胸腔がつながってしまう場合
      ・けがによって肋骨が骨折してしまい、骨折した骨が肺を傷つけてしまう場合
    • 高エネルギー外傷(強い衝撃が身体に加わる外傷)で起こりやすい
      ・交通事故
      ・転落事故
      ・爆発事故
      ・暴行

症状

  • 主な症状
    • 胸痛
    • 呼吸困難
    • 皮下気腫
    • 血圧低下
  • 程度は様々で、軽い息切れ程度のものから重度の呼吸困難や、場合によっては命の危険に至るケースまである

検査・診断

  • 病歴と症状、身体所見から診断して緊急の処置を行うこともある
  • 画像検査
    • 胸部レントゲン検査
    • 胸部CT検査
    • 超音波検査

治療

  • 程度が軽ければ特別な治療を行わずに様子を見ることもある
  • 処置が必要と判断されれば、以下の処置を行う
    • 肺のつぶれが大きくなければ、胸に細い針の注射を刺して一時的に漏れた空気を吸い出す処置(胸腔アスピレーション)を行う
    • 肺のつぶれが大きければ、胸からチューブを入れたままにして漏れた空気を持続的に吸い出す処置(胸腔ドレナージ)を行う
  • 骨折があれば骨折の治療、傷があれば傷の治療を行う
  • 長期的な経過 
    • 留置したチューブは、数日間から2週間程度で抜けることが多い
  • 肺に開いた穴が大きい場合やドレナージを行っても改善しない場合、気胸が再発した場合は手術を行う
    • CT検査で肺にブラ(肺の壁が伸び切っている状態)が多く見られる場合も手術をすることがある

外傷性気胸の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

外傷性気胸は、交通事故や転落などの外傷に伴って生じる疾患で、息切れや咳、胸から背中の痛みといった症状がみられます。外傷性気胸の場合、実際のところは呼吸困難があったり、他の部位のケガがあったりして、救急車で搬送される場合が大半です。救急隊は、近さや病院の専門性を考慮した上で、適切な病院を判断し案内してくれます。

気胸の診断は胸部レントゲン胸部CT、胸部超音波で行います。国内の総合病院であればほとんどのところにレントゲンCTの設備がありますので、診断のために特別な病院を選択しなければならない、ということはありません。

外傷性気胸は、転倒や交通事故などで生じるものです。その他の部位のケガがないかを見落とさないことが重要ですので、気胸以外のケガも含めて検査をすることになります。


この病気でお困りの方

気胸の治療としては、軽症であれば特別な治療を行わず、経過を見て自然に治るのを待つこともあります。

ある程度以上の気胸の場合には、胸腔穿刺や胸腔ドレナージといって、胸に針を刺して漏れた空気を抜き出す治療を行います。この場合、原則として入院が必要となります。

胸腔穿刺、胸腔ドレナージを行ってもその後の回復が良くない場合には手術を行います。呼吸器外科の中では一般的な手術ではありますが、外科医によって専門が異なるため、消化器外科、整形外科、脳外科などではなく、呼吸器外科の医師であるとより経験が豊富だと言えます。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.