医師たちがつくる病気事典メドレー

肝血管腫

肝血管腫の基礎知識

肝血管腫とは?

  • 肝臓にできた良性腫瘍
    • 血管の組織の異常によりできる、血液が豊富に流れる腫瘍
  • 罹患率は成人の約1~5%
    • 女性にやや多い
  • 良性腫瘍がんではないため、転移はしない
    • 通常治療も行われない
  • 健康診断で発見されることが多い

症状

  • 基本的には症状は見られない
  • ごく一部の重症例では、腹痛や貧血が起こる場合がある

検査・診断

  • 一つの検査だけでは、肝血管腫なのか他の腫瘍なのか分かりにくいことが多い
  • 血液検査
  • 画像検査
    • 腹部超音波検査
      ・白い円形の塊として見えるが、肝癌と見誤らないことが重要
    • 腹部CT検査
    • MRI検査
  • 肝血管腫の可能性がある場合は生検は行わない
    • 血流が豊富で大量出血の可能性があるため要注意

治療

  • 腫瘍が小さく、症状が出ていない場合は治療の必要はない
  • 症状があれば、切除手術を行うこともある
    • 手術
      腹腔鏡下手術:お腹の中に小さなカメラを入れて、腫瘍を取り除く
  • 一度腫瘍を取り除けば基本的に再発することはない

肝血管腫の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

肝血管腫は基本的に良性腫瘍の一種で、悪さをすることはまれです。ほとんどの方は、肝血管腫が肝臓にありながらも、何の症状や悪影響も出ないまま寿命をまっとうしますが、極端に大きい血管腫の場合には腹部の痛みや圧迫感といったような症状が見られることがあります。

上記のような症状に該当してご心配な方は消化器内科があり、腹部エコーCTの検査が行える病院での受診をお勧めします。消化器内科や消化器外科が専門の診療科になります。これらの科の医師の中でも、肝血管腫のような肝臓の病気を多く見ている医師もいれば、そうではない医師もいます。消化器の分野は大きく2つに分かれ、「肝臓、胆のう、膵臓」が専門の医師と、「食道胃十二指腸小腸大腸」といった消化管が専門の医師がいます。特に前者は更に、肝臓とそれ以外(胆のうと膵臓)に分かれることもあり、同じ消化器内科や消化器外科の医師とは言っても更に細かな専門領域があることが多いです。しかし、肝血管腫は消化器領域でも基本的な病気ですので、あまり高い専門性は必要ありません。

肝血管腫の診断は腹部エコー、または腹部CTで行います。人間ドックで見つかることや、他の目的で受けた検査でたまたま肝臓に肝血管腫がみつかるといった流れがほとんどです。「腹痛や吐き気などの症状が出て、よく調べてみたら肝血管腫だった」というようなことは極めてまれです。

唯一注意しなければならないのは、肝血管腫に見えるが実はよく似たタイプの他の腫瘍であった、というような経緯です。そのようなことを防ぐために、肝血管腫と思われる腫瘍が見つかったあと、数か月後に再検査を行うことがあります。それで問題がなければ、その後は1年に1回の検査で十分です。エコーの検査が行えれば、病院ではなく消化器内科、消化器外科のクリニックで問題ありません。


この病気でお困りの方

肝血管腫は基本的に治療の必要がありません。そのまま放置しても悪さをする可能性が極めて少ない一方で、治療をするとしたら肝臓を切除するといった大掛かりな手術が必要だからです。

極めて例外的に、10cmなど大きくてかつ腹痛などの症状を引き起こしているものなどは、治療を検討します。その場合には総合病院の消化器外科、肝臓外科といった診療科で手術を受けることになります。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.