医師たちがつくる病気事典メドレー

食道炎、食道潰瘍

食道炎、食道潰瘍の基礎知識

食道炎、食道潰瘍とは?

  • 何らかの原因で食道粘膜が傷つき、食道に炎症潰瘍が生じた状態
  • 炎症の原因
  • 多いものでは、3つのタイプに分けられる
    • 胃食道逆流症
    • 食道カンジダ症
    • ウイルス食道炎:ヘルペス食道炎やサイトメガロウイルス食道炎など

症状

  • 初期は胸やけやもたれ感
  • 進行すると飲み込む際にしみる、胸の痛み、吐血する場合がある

検査・診断

  • 胃カメラ:食道の色やただれ、潰瘍があるか調べる

治療

  • 治療の基本は、生活習慣の見直しと薬物治療
  • 生活習慣の見直し
    • 禁煙
    • アルコールを控える
  • 薬物治療
    • 原因になっている細菌ウイルスに対する治療薬を使用する
    • 胃食道逆流症が原因の場合はプロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)を使う

食道炎、食道潰瘍に関連する治療薬

抗コリン薬

  • 副交感神経を亢進させるアセチルコリンの作用を抑えることで、消化管の運動亢進に伴う痛みや痙攣、下痢などを抑える薬
    • アセチルコリンは副交感神経を活発にして消化管の運動などを亢進させる
    • 副交感神経が活発になると胃や腸などの痙攣・痛み、潰瘍や胃炎・腸炎の悪化などがおこりやすくなる
    • 本剤はアセチルコリンの働きを抑える作用(抗コリン作用)をあらわす
  • 胆石や尿路結石に伴う痛みなどの改善に使用する薬剤もある
  • 本剤は薬剤の作用や化学構造などにより、ムスカリン拮抗薬、3級アミン類、4級アンモニウム類などに分けられる
抗コリン薬についてもっと詳しく≫




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.