医師たちがつくる病気事典メドレー

気道熱傷

気道熱傷の基礎知識

気道熱傷とは?

  • 火災や爆発の際に生じる煙やガスなどを吸い込むことによって生じる障害
    • 基本的に熱による障害はのどの奥まで
    • 有毒な化学物質による障害は、のどより先の気管、気管支、肺にも起こることがある
  • 障害される部位により分類される
    • 上気道型:咽頭(のどの奥)の障害
    • 気管・気管支型:気管・気管支の障害
    • 末梢型:肺炎が主体
  • 室内や車内などの閉鎖空間の火災では、皮膚のやけどがなくても気道熱傷が起きていることがある

症状

  • 主な症状
    • すすの混じった痰
    • 嗄声(させい):かすれ声
    • ヒューヒューといった呼吸音
  • 上気道型の注意するべき症状
    • のどがむくんで上気道(のどの奥)の空気の道がふさがってしまい、窒息することもある
  • 一酸化炭素中毒合併意識障害が起きることも多い

検査・診断

  • 気管支鏡:すすの付着や粘膜の様子、腫れなどを調べる
  • 血液検査:血液のガス(一酸化炭素中毒でないか、酸素は足りているかなど)を調べる
  • 胸部レントゲン肺炎になっていないかを調べる

治療

  • 酸素マスクを使用し、100%の酸素を吸入する
  • 上気道閉塞が起きている場合はただちに処置が必要
    • 気管挿管(のどから管を気管に入れて空気の通り道を確保する)
    • 人工呼吸器(機械を用いた呼吸を行う)
  • 全身のやけど合併している場合は輸液や輸血など必要な処置が行われる

気道熱傷の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

気道熱傷は火事などで高熱の気体を吸入した際に生じるものです。専門科は救急科と耳鼻科になりますが、気道だけでなく全身のやけどを伴っていることが多いです。そのような場合、救命救急センターの中でも各都道府県に1箇所前後ある高度救命救急センターや、あるいは熱傷センターでの治療となるでしょう。

仮に全身の状態が安定していて気道だけに障害が及んでいる場合であっても、気道が腫れてしまうと突然の窒息で命に関わる場合があります。入院の上で、ICU (intensive care unit), HCU (high care unit) などと呼ばれるような集中治療室で経過をしっかりとみてもらう必要があります。

気道熱傷の診断は喉頭ファイバースコープで行いますが、夜間や土日祝日に病院を受診する際には注意が必要です。救急科が24時間受付をしていたとしても、耳鼻科や救急科の医師が常に院内に常駐しているとは限りません。専門外の医師だけでは診断が難しい場合もありますので、耳鼻科医または救急医がいるかどうかを受診前に病院に確認しておくことも選択肢の一つです。


この病気でお困りの方

重症気道熱傷の治療としては、窒息を防ぐための気管挿管や、緊急の場合には輪状甲状靭帯切開や気管切開と言って、のどに穴を開ける手術を行います。その場合、上記の診断や検査の話と同様に、やはり耳鼻科医と救急医がいるところでないと治療が難しくなります。

気道熱傷の処置は、診断がつけばその場で緊急で行われることが多いです。平日の日中であれば良いのですが、土日祝日や夜間は院内に残っているスタッフが少ないため、緊急で処置を行える病院と、そうでない病院があります。小病院ではなくいわゆる総合病院を受診すべきと言えます。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.