医師たちがつくる病気事典メドレー

単純性甲状腺腫

単純性甲状腺腫の基礎知識

単純性甲状腺腫とは?

  • 甲状腺全体が腫大しているだけで、他に特別な異常がない状態
  • 全人口の数パーセントにみられる
  • 血縁者にバセドウ病橋本病が見つかることがある
  • 治療の必要はない

症状

  • 主な症状
    • 甲状腺腫大以外に症状はない
    • 全体的に膨らんでいるだけで、特別なこぶのようなものがあるわけではない
    • まれに甲状腺が巨大になり、気管、食道を圧迫することがある

検査・診断

  • 血液検査:甲状腺ホルモンなど検査し、他の甲状腺の病気がないかを調べる
  • 超音波検査腫瘍の有無と血流の変化の有無を確認する

治療

  • 通常は無治療で良い
  • 後から甲状腺機能に異常が出てくることがあるので年に1回程度の検査で経過を見ていく
    • 甲状腺機能が亢進することも低下することもある




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.