たこつぼがたしんきんしょう
たこつぼ型心筋症
心臓の一部が収縮しなくなり、急激に心臓の働きが悪くなってしまう病気
4人の医師がチェック 83回の改訂 最終更新: 2020.01.20

たこつぼ型心筋症の症状

たこつぼ型心筋症とは、一時的に心臓の収縮が悪くなる病気です。たこつぼ型心筋症の主な症状は胸痛です。また、呼吸困難や失神といった症状がでる人もいます。

1. たこつぼ型心筋症の症状は心筋梗塞と似ている

たこつぼ型心筋症の人の初期によくある症状に、胸痛や呼吸困難などがあります。これらは迅速な治療が必要な心筋梗塞と似通っているため、症状が現れたらすぐに受診が必要です。たこつぼ型心筋症ならば、多くの人が治療をしなくても自然と改善しますが、心筋梗塞はできるだけ早い治療によって命を救うことができる病気です。

2. 胸の痛み・違和感

たこつぼ型心筋症では胸に痛みを生じます。胸が圧迫されるような違和感を覚えることもあります。胸痛はたこつぼ型心筋症だけでなく、心筋梗塞や大動脈解離、肺塞栓気胸といった病気でも起こりうる症状です。胸痛はこれら重篤な病気がみつかるきっかけとなる症状なので、速やかに医療機関を受診してください。

3. 呼吸困難

たこつぼ型心筋症の人には心不全合併することがあり、呼吸困難が生じる主な要因となります。心不全とは心臓のポンプ機能が低下している状態を指し、特に横になった時に息苦しさを感じやすくなります。

4. 失神:一時的に気を失う

たこつぼ型心筋症になると、まれに一時的に気を失うことがあります。この要因の一つに、心臓の出口付近(左室流出路)が狭くなることが考えられています。このような左室流出路狭窄を伴うと、心臓から脳へ流れる血液が減少して失神が起こります。

参考文献

・Templin.C et al.Clinical features and outcomes of takotsubo (stress) cardiomyopathy. N Engl J Med. 373(10)929-938.2015