[医師監修・作成]ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)の症状について:乾き・痛み・充血・目やに・かゆみ・眩しさなど | MEDLEY(メドレー)
どらいあい(かんせいかくけつまくえん、るいえきげんしょうしょう)
ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)
涙が減り、目の表面が乾くことで様々な症状を引き起こしてしまう状態
4人の医師がチェック 116回の改訂 最終更新: 2021.06.18

ドライアイ(乾性角結膜炎、涙液減少症)の症状について:乾き・痛み・充血・目やに・かゆみ・眩しさなど

ドライアイは目の乾きが代表的な症状ですが、他にもさまざまな症状が現れます。また、ドライアイは視野に影響を与える原因になることがあります。「目の症状」と「視野に現れる症状」に分けて説明します。

1. 目の症状

ドライアイは「目が乾いた感じ」以外にも次のような症状が現れます。

  • 目が疲れやすい
  • 目に不快感がある
  • 目が重たい感じがする
  • 目が痛い
  • 目がかゆい
  • 目が赤い
  • 理由なく涙がでることがある
  • 目やにがでる

涙には目の表面をおおい、目を異物から守るバリアのような働きがあります。ドライアイによって目をおおう涙が減って乾燥が起こると、目の表面が傷つき、目にさまざまな症状が現れます。

人によっては「目が乾いた感じ」より上記の症状が強く出る場合もあります。目のちょっとした不快感や変調はドライアイが原因の可能性があるので、気になる人は眼科で調べてもらってください。ドライアイが原因の場合は対策を講じることで目の症状の改善が期待できます。治療法については「ドライアイの治療」で詳しく説明しているので参考にしてください。

2. 視野に現れる症状

ドライアイは「目が乾いた感じ」などの目の症状以外に、ものの見え方にも影響を与えます。主に次の2つが視野に現れる症状として知られています。

  • 光を眩しく感じやすい
  • ものがかすんで見える

ドライアイでは目を覆う涙が減少しています。涙にはさまざまな働きがあるのですが、その1つにカメラのレンズのような役割があります(涙の働きについてより詳しく知りたい人は「ドライアイとはどんな病気なのか?」を参考にしてください)。具体的に言うと目の表面をおおってものをくっきりと見えるようにする役割を果たしています。

健康な人では涙がなめらかな層を作って目の表面をおおっているのですが、ドライアイの人では涙で作られる層が凸凹になっていて涙のレンズとしての機能に異常が起こり、「光を眩しく感じやすい」「ものがかすんで見える」といった症状が現れます。

【参考文献】

・UpToDate Dry eyes Author : Roni M Shtein, MD This topic last updated: May 02, 2018.