しぼうしゅ
脂肪腫
皮膚と筋肉の間や、筋肉にできる脂肪のかたまり
5人の医師がチェック 87回の改訂 最終更新: 2020.10.09

脂肪腫の症状について:見た目やできやすい場所など

脂肪腫とは皮膚の奥にできる数cm程度の柔らかい脂肪の塊です。見た目は隆起しているだけで、皮膚の色の変化はありません。痛みや汚臭がすることもありません。手、肩、背中などにできることが多いです。

1. 脂肪腫の症状について

脂肪腫は皮膚の奥に塊ができる病気です。大きさは数cm程度のものが多いですが、まれに10cm以上となることもあります。他にも脂肪腫の特徴としては以下のものがあります。

  • 皮膚のかゆみはない
  • 皮膚の見た目は隆起しているだけで、色の変化や発疹はない
  • 触ると柔らかい
  • 痛みは伴うことはほとんどない
  • 臭いはしない
  • 急激に大きくなることはない

もし、皮膚の赤みを伴っていたり、しこりが数ヶ月単位でどんどん大きくなっている場合には、脂肪腫以外の病気の可能性があります。

2. 脂肪腫ができやすい場所について

脂肪腫はどこにでもできる可能性がありますが、特にできやすい場所は以下の通りです。

  • 背中

ただし、できた場所だけで診断することはできません。視診、触診、超音波検査MRI検査も通して脂肪腫と診断して良いか判断していきます。詳しくは検査のページで説明します。

3. 脂肪腫に似てる? 粉瘤とはどんな病気か

脂肪腫と似た病気に粉瘤があります。脂肪腫も粉瘤もどちらも皮膚の奥に塊を作る病気ですが、以下のような違いがあります。

  脂肪腫 粉瘤
見た目 皮膚の膨れはあるが
色に変化はなし
膨れの真ん中に黒い点がある
(へそと呼ばれる)
感染を起こすと赤くなる
臭い しない 汚臭がする
原因 脂肪の塊 皮脂などの老廃物の塊

脂肪腫も粉瘤も治療は手術です。どちらも皮膚科が専門としている病気なので、気になる場合は皮膚科のお医者さんと相談をしてみてください。

4. 脂肪腫以外の皮膚のしこりの原因

皮膚の奥に塊ができて、しこりとして触れる病気は脂肪腫以外にもあります。例えば、脇の下にできたしこりやは、がんリンパ節転移悪性リンパ腫の病気の可能性があります。乳房にできたしこりであれば、乳がんかもしれません。このように脂肪腫以外の病気でも皮膚の奥に塊ができる原因になるので、気づいた場合にはお医者さんに相談するようにしてください。