ぼうこうがん
膀胱がん
膀胱の粘膜にできる悪性腫瘍
8人の医師がチェック 174回の改訂 最終更新: 2019.07.19

膀胱がんの知識

膀胱は腎臓で作られた尿を溜める場所です。膀胱がんは文字通り膀胱に発生するがんで、その悪性度は様々です。膀胱がんの特徴として悪性度の低いものでも再発が多いことが挙げられます。膀胱がんについて解説します。

膀胱がんとは?症状・原因・検査・ステージ・生存率・治療について説明

膀胱は腎臓で作られた尿を溜める臓器で、この臓器に発生するがんを膀胱がんといいます。膀胱がんの症状や原因、検査、ステージ、治療について説明します。

膀胱がんの症状:初期症状(血尿など)・末期症状

膀胱は尿を溜める臓器なので、膀胱がんになると排尿に関連した症状が現れます。その症状は血尿や排尿時の痛みなどさまざまです。ここでは膀胱がんで現れる症状について説明します。

膀胱がんの原因:喫煙やコーヒーなどとの関係

膀胱がんは化学物質が人体に入ることで発症するリスクが高くなることがわかっています。それは工場で使う薬剤から身近なタバコまでいくつか知られています。ここでは膀胱がんの発症の危険性を高めるものなどについて解説します。

膀胱がんの検査とステージ:CT検査、MRI検査、膀胱鏡検査などを解説

膀胱がんは初期から血尿などの症状が出現します。例えば血尿を認めたときに膀胱がんを念頭においた検査が行われることは珍しくはありません。ここでは膀胱がんを疑った場合に必要な検査について紹介します。

膀胱がんの生存率:ステージIII、IVの生存率(余命)、治療法の解説

膀胱がんは表在性膀胱がん、浸潤性膀胱がんに分類されます。浸潤性膀胱がんは転移をしたりして命を脅かし、表在性がんは、浸潤性がんへの進行さえなければ命を脅かすことはほとんどありません。膀胱がんの分類と生存率について説明します。

膀胱がんの治療:治療の選び方・ステージ分類・再発時の治療など

膀胱がんの治療の基本は手術です。膀胱がんの手術には内視鏡手術も開腹手術もあり、状況によって使い分けることができます。ほかにBCG療法などもあります。膀胱がんには種類があり、種類ごとに適した治療法が違います。

膀胱がんの手術:内視鏡手術(TURBT)、膀胱全摘除術などについて

膀胱がんの治療の基本は手術です。膀胱がんの手術には内視鏡手術と開腹手術があります。がんの状態によって向いている手術方法が異なります。尿の通り道を作り直すことや合併症についてもあわせて説明します。

膀胱がんの薬物治療:BCG治療・抗がん剤治療

膀胱がんの治療の基本は手術です。ただし上皮内がんに対してはBCG膀胱内注入療法(BCG療法)が標準的です。手術が行えない場合は放射線療法も選択肢になります。診断時にすでに離れた場所に転移がある場合は、抗がん剤による治療を行います。