[医師監修・作成]薬物性肝障害の治療について | MEDLEY(メドレー)
やくぶつせいかんしょうがい
薬物性肝障害
服用した薬の副作用として肝臓が障害を受けるもの。軽いものであれば、薬の服用を中止することで自然に快復することが多い
6人の医師がチェック 103回の改訂 最終更新: 2020.07.22

薬物性肝障害の治療について

薬物性肝障害の治療の基本は原因薬物の中止です。病状によっては、肝障害を和らげる治療薬を使用することもあります。このページでは、薬物性肝障害の治療について詳しく説明をします。

1. 使用している薬の中止

治療では薬物性肝障害の原因として疑わしい薬剤を中止します。複数の薬を使用している人では、どの薬が肝障害の原因かはっきりとわからないことがあるので、薬を一つひとつ中止してみて、血液検査で肝障害がよくなるかどうか様子見することもあります。

薬の中止は、肝障害の程度や持病の状況、薬の使用状況などを総合的に判断して行われます。自己判断での処方薬の中止は危険ですので、心配なことがあれば必ずお医者さんや薬剤師さんに相談するようにしてください。

2. 肝障害の治療薬

薬物性肝障害のほとんどの人は原因薬剤の中止だけでよくなりますが、病状に応じてさまざまな治療薬が使われることがあります。

ウルソデオキシコール酸(主な商品名:ウルソ®︎)

胆汁の流れをよくする作用などにより肝臓を保護する効果が期待できる薬です。原発性胆汁性胆管炎胆石症の人によく処方される内服薬で、薬物性肝障害の人にも使われることがあります。長年使われている薬で一般的に安全性が高い薬ですが、胃部不快感や便秘、下痢などの合併症がまれに起きます。

グリチルリチン製剤(主な商品名:強力ネオミノファーゲンシー®︎、グリチロン®︎配合錠)

グリチルリチン酸は甘草(かんぞう)という生薬に含まれる成分です。この成分には免疫機能を整えたり炎症を抑えたりする効果があって、薬物性肝障害の人に使われることがあります。グリチルリチン製剤は注射製剤(主な商品名:強力ネオミノファーゲンシー®︎)と内服製剤(主な商品名:グリチロン®︎配合錠)があります。代表的な副作用は、腹痛、悪心、低カリウム血症、高血圧です。

ステロイド薬(主な商品名:プレドニン®︎、ソル・メドロール®︎)

ステロイド薬は炎症を抑える薬です。薬物性肝障害を患うすべての人に使用されるわけではなく、アレルギー性の薬物性肝障害が生じている人や、自己免疫性肝炎合併している人に効果が期待できます。

ステロイド薬には内服薬と注射薬があって、病状に応じて選択されます。内服薬ではプレドニゾロン(主な商品名:プレドニン®︎)が、注射薬では、メチルプレドニゾロン(主な商品名:ソル・メドロール®︎)が代表的です。注射薬は集中治療室に入院しているような重症の肝障害の人に使われることが多く、数日間程度使われます。

ステロイド薬の合併症には、感染症にかかりやすくなったり糖尿病が悪くなったりすることがあります。

アセトアミノフェン中毒解毒剤:アセチルシステイン (商品名:アセチルシステイン内用薬

アセトアミノフェンの大量使用によって薬物性肝障害になった人に使用される内服薬です。口から薬をを飲むのが困難となってしまっている重症の人は、鼻から胃腸までチューブを挿入して、そのチューブから薬を入れます。主な副作用は、嘔気発疹、発熱です。

3. 重症の肝障害の治療

薬物性肝障害はごくまれに重症化します。重症の肝障害では「血漿(けっしょう)交換」や「肝移植」といった治療の選択肢があります。

血漿交換

血液中の血漿という成分を取り出して、健常な人の血漿と交換する治療法です。炎症を起こす物質が含まれている血漿を取り除いて、炎症を起こしていない健康な人の血漿に交換をすることで、肝臓の炎症を抑えます。

肝移植

肝移植が必要になるほどの重い薬物性肝障害になる人は極めて少ないのですが、お医者さんは薬物性肝障害への最終手段として肝移植を頭の片隅に入れて診療しています。

【参考文献】