てんいせいはいがん
転移性肺がん
肺以外の臓器から肺に転移したがん
10人の医師がチェック 181回の改訂 最終更新: 2018.04.23

Beta 転移性肺がんについての医師コメント

転移性肺がん(転移性肺腫瘍)は、他の臓器のがん(←原発巣といいます)が血流やリンパ流にのって肺に転移してできた腫瘍を指しています。例えば、乳がんの癌細胞が血流やリンパ流にのって肺に転移してきた状況などです。この場合は乳がんとしても遠隔転移をきたしているため進行がんと言えます。進行がんの場合はどこの臓器由来だしても肺の局所的な腫瘍の切除などは治療効果はあまり見込めません。そのため原発巣を対象に考えた全身化学療法などが適応となります(原発性肺癌としての治療は行いません)。呼吸器症状が特別に強くない場合も多く、原発巣の担当科に引き続き治療していただき呼吸器科でのフォローはしないことが一般的です。(もちろん呼吸器症状が強いような場合は併診することもあり得ます。)


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.18

MEDLEYニュース新着記事