[医師監修・作成]乳腺線維腺腫で知っておくとよいこと:乳がんとの違いなど | MEDLEY(メドレー)
にゅうせんせんいせんしゅ
乳腺線維腺腫
乳房にできる良性の腫瘍性病変。15-30歳くらいの女性に多く見られる
6人の医師がチェック 47回の改訂 最終更新: 2020.07.01

乳腺線維腺腫で知っておくとよいこと:乳がんとの違いなど

乳がんは比較的知られた病気ですが、同じ乳房の病気でも乳腺線維腺腫という病名は初めて聞く人がほとんどかと思います。そこでこのページでは、胸のしこりを見つけてこの病名にたどり着いた人や、乳腺線維腺腫と診断された人が抱きがちな疑問についてまとめました。

1. 乳腺線維腺腫が心配な人は何科にいけばいいのか

乳房の病気を専門とするのは乳腺外科です。診察や検査から始まり治療まで一貫して受けられます。乳房線維腺腫が心配な人は乳腺外科を受診してください。また、施設によっては一般外科で乳房の病気を診ている場合があります。近くの医療機関に乳腺外科がない場合は、一般外科に問い合わせてみてください。

2. 乳腺線維腺腫と乳がんが同時にできることがあるのか

乳腺線維腺腫と乳がんが同時にできることはあります。この場合には、乳がんに準じて治療が行われます。つまり、手術によって乳房のすべてまたは乳房の一部分の切除が必要になります。

3. 乳腺線維腺腫は乳がんのように再発する可能性があるのか

乳腺線維腺腫が再発することはありますが、乳がんのように深刻ではありません。乳がんが再発した場合は手術などの治療が必要となりますが、乳腺線維腺腫であることが明らかな場合は、そのまま経過観察することも可能です。

4. 乳腺線維腺腫は乳がんのように転移することがあるのか

乳腺線維腺腫は良性腫瘍です。悪性腫瘍である乳がんのように、転移(発生部位から離れた場所に移動して大きくなること)することはありません。

5. 乳腺線維腺腫は乳がんのように命に危険を及ぼすのか

乳腺線維腺腫は乳がんのように命に危険を及ぼすことはありません。転移することはないですし、乳がんと違って再発しても深刻な状態になることはありません。乳腺線維腺腫と診断されたら、特別不安に思うことはないと考えられます。

6. 乳腺線維腺腫と乳がんの見分け方について

乳腺線維腺腫と乳がんとでは症状に共通点があるので、問診や診察だけでは見分けることが難しいです。このため、画像検査や病理検査が行われ、その結果から総合的に判断されます。乳腺線維腺腫であれば経過観察することができますが、乳がんであれば治療が必要になります。

参考文献

・ Michael S Sabel,MD., Overview of benign breast disease. UpToDate
・日本乳癌学会, 「患者さんのための乳癌診療ガイドライン
・日本乳癌学会, 「乳癌診療ガイドライン
(2020.6.30閲覧)