ようつうしょう
腰痛症
さまざまな原因により、腰が痛くなる病気の総称
13人の医師がチェック 171回の改訂 最終更新: 2023.06.28

腰痛と一緒にあらわれやすい症状

腰痛は誰しもが経験しうる症状ですが、一緒にあらわれやすい症状があります。どのような症状が起こる可能性があるか、その中で危険な症状はあるのかについて解説します。

1. 筋肉痛

筋肉痛と腰痛が同時にあらわれる多くの場合は、運動後です。運動によって負担がかかるため、腰や筋肉に痛みが生じます。しかし、この反応は正常であることが多く、運動が原因だとわかっていますので、しびれや激痛が出ない限りは安静にしすぎないほうが良いと考えられます。

一方、運動した覚えもないのに、筋肉痛と腰痛が出てきた場合は要注意です。例えば、悪性腫瘍自己免疫疾患関節リウマチを代表とする自分の免疫が原因となる病気)のような、一見するとその存在が分かりにくい病気が隠れている可能性があります。症状が続く場合は一度医療機関を受診してください。

2. 足のしびれ

腰痛があらわれている時に足がしびれているとしたら、それは神経または血管の異常による症状である可能性が高いです。

椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症などの神経を圧迫する病気は、腰痛と共に足にしびれを起こすことがあります。これは、腰椎(腰骨)の周辺にある神経が圧迫されることで、その神経が麻痺してしまうことが原因です。腰を通る神経は足まで繋がっているため、足まで麻痺してしまうというわけです。ただし、麻痺と言っても完全に動けなくなることは珍しく、感覚の異常(しびれ)や力が入りにくいといった不完全な麻痺であることがほとんどです。

お尻を通っている坐骨神経に影響が出て足が痛くなったりするようなことがあれば、それは坐骨神経痛と呼ばれます。

また、血管が原因で足が痺れる場合もあります。これは正座をした時を想像すると理解しやすいかもしれません。正座をすると、自分の体重で膝の血管が圧迫されるため、太ももから下の血流が低下するためにしびれが出ます。この状態と同様に、動脈硬化などの血管の異常で足の血管の内側が狭くなっている場合、血流が乏しくなりしびれることがあります。ただし、血流の異常から起こる足のしびれは、太ももから下の血管に問題があることが多いため、腰痛と一緒に足が痺れることはあまり多くありません。

3. 肩こり、膝の痛み

腰痛もちの人で、肩こりや膝の痛みもある人は少なくないと思います。この原因としてまず考えられることは、姿勢の悪さです。腰痛が先か、肩こりや膝の痛みなど他の関節痛が先かは不明にせよ、どこかに負担がかかっている姿勢はその他の関節にも負担をかける可能性があります。

特に腰痛の場合では、腰をかばうために膝を曲げて歩いたり、猫背のような姿勢で歩いたりすることで、膝や首に負担がかかることがあります。治療を行ううえでは、これらの悪循環をどこかで切ることが必要です。

また、心理的なストレスがあると様々な部位の痛みに敏感になるため、複数の関節に痛みがあらわれることは不思議ではありません。

痛みがあるとついつい動きたくない気持ちになってしまいますが、あまり安静にしていると筋肉が衰えてしまいます。痛みが強くならない範囲で運動をすることも心がけましょう。

一方、可能性としては低いですが、解離性大動脈瘤大動脈解離や骨へのがん転移も考えられるため、あまりにも痛みが強くなる場合は医療機関を受診すると良いでしょう。

4. 心理的・精神的状態

腰痛と精神・心理的なストレスは大きく関係していることがわかっています。心理的・精神的な状態がよくないと腰痛が治りにくいため、リフレッシュできる時間を持つようにすると良いです。好きな曲を聴くのも良いですし、散歩や旅行でも良いです。自分がリラックスできることを見つけてみてください。

5. こんな症状が出たら要注意

ここまで、腰痛とともにあらわれることがある症状について解説してきました。中でも「これは危険である」という症状があるため説明します。もし知らずに放っておくと、症状が進行して後遺症となったり、場合によっては命を脅かすような病気が潜んでいますので注意してください。

  • 腰の痛みが非常に強い
  • 神経の障害で起こる症状が出ている
  • 原因不明で長期間(4週間以上)腰痛が続いている
  • 発熱、体重の減少、夜間の異常な発汗がある
  • 身体の動きや時間に関係なく腰痛が出ている

以下、詳細を述べていきます。

腰の痛みが非常に強い

まずは腰痛自体が非常に強い場合についてです。この状態で考えられることは、重症の腰椎の病気です。具体的には、腰椎の骨折・腫瘍・感染です。

強い痛みの出る腰椎の骨折は、それだけ腰椎の破壊も強い可能性があります。腰椎の内側を脊髄という大事な神経が走っていますが、この神経にダメージを与えてしまう可能性が懸念されます。脊髄にダメージが及ぶとそのダメージが回復することなく残ってしまうことも考えられるため、できるだけ早く治療することが大事です。

神経の障害で起こる症状が出ている

神経が障害されて腰痛が見られている場合も注意が必要です。神経にダメージがあると後遺症が残ってしまう可能性もあります。代表的な症状を述べていきます。

【神経が障害されているときにあらわれる症状例】

  • 急に筋力が低下する
  • おしっこ/排便がしにくくなる
  • 腰痛よりも特に片側の足の方が痛みが強い
  • 足首やつま先に痛みが連続している
  • 痛みのある部位に感覚の麻痺を伴っている

以上の自覚がある場合は速やかに医療機関を受診してください。これらは危険なサインであり、すぐに身体診察や画像検査(単純X線検査CT検査、MRI検査など)を受けることになります。

原因不明で長期間(4週間以上)腰痛が続いている

腰痛が4週間以上持続する場合は、腰痛の原因が精神的なものである場合か、腰のどこかに非常に重大な障害があるパターンが多いです。前者では、ストレスを排除したり、リフレッシュしたりすることで改善が期待できます。後者の場合は、放っておくと改善しなかったり、悪化したりすることがあるので要注意です。受診して医療機関で調べてもらってください。

発熱、体重の減少、夜間の異常な発汗がある

発熱、体重の減少、夜間の異常発汗は、悪性腫瘍や結核(腰痛の場合は脊椎カリエスなど)でよく見られる症状です。この2つの病気は、治療しないと病状がどんどん進行していくので、早期発見/早期治療が大原則です。

身体の動きや時間に関係なく腰痛が出ている

もし腰痛が身体の動きや時間に関係なくあらわれている場合、腰椎自体の障害(例えば骨折など)が原因であったり、神経が障害されていたりなど、さまざまな可能性が考えられます。放置せずに腰痛が出現するタイミングや時間帯に関して自分でチェックし、医療機関を受診してください。

6. こんな背景のある人の腰痛は要注意

もう一点注意するべきことがあります。それは、腰痛の中に危険な状態に発展しやすい背景があるということです。

【注意したい背景】

  • 20歳以下の人に腰痛が出現した
  • 55歳以上の人に腰痛が出現した
  • 腰痛に胸の痛みが伴う
  • がんを抱えている人に腰痛が出現した
  • ステロイドを長期的に飲んでいる人に腰痛が出現した
  • HIV感染している人に腰痛が出現した
  • 栄養失調の人に腰痛が出現した
  • 体重が減ってきている人に腰痛が出現した

いずれの背景も悪化する可能性がありますので、当てはまる人は医療機関を受診してください。