かんのうほう
肝のう胞
肝臓の中に液体の溜まった袋(のう胞)ができる病気。悪性化することはなく、基本的に治療の必要性もない
5人の医師がチェック 100回の改訂 最終更新: 2019.11.19

肝のう胞のよくある質問

肝のう胞は肝臓にできる液体の入った袋状の病変です。ほとんどの人で症状はなく、治療の必要もありません。しかし、まれに、症状を生じたり治療が必要な肝のう胞もあります。肝のう胞がみつかった人からよくある質問について答えます。

1. 症状がない肝のう胞は放っておいてよいか

肝のう胞があっても、超音波検査の結果無害なものと判断されることがほとんどで、治療は必要ではありません。しかし、ごくまれに、自覚症状がない早期のうちに治療をしておきたい、下記のような肝のう胞が見つかることがあります。

  • エキノコックスに感染してできた肝のう胞
  • 肝粘液性嚢胞腫瘍(MCN)を伴う肝のう胞
  • 多発している肝のう胞

エキノコックスに感染してできた肝のう胞

エキノコックスという寄生虫がヒトの肝臓に感染すると肝のう胞ができます。エキノコックスが肝のう胞を作っても、はじめの5-15年は症状がないため、検査をしないと感染に気づけません。しかし、症状が出る前に治療を始めないと命をおびやかすことがあるため、早期発見が重要です。

日本でのエキノコックスの主な感染源は、北海道に生息するキタキツネです。糞中に排出されるエキノコックスの卵が口に入ることでヒトに感染します。このため、北海道に住む人にはエキノコックスに感染しているかどうかを調べる血液検査の助成制度があって、早期発見に有用です。

肝粘液性嚢胞性腫瘍(MCN)を伴う肝のう胞

肝粘液性嚢胞性腫瘍(MCN)という腫瘍が肝のう胞をつくることがあります。MCNはすでにがんになっていたり、今後がんになる可能性があるので、症状がなくても手術による切除が必要です。

多発している肝のう胞

肝のう胞が肝臓全体に数多くある人は、腎臓にもたくさんのう胞がある「常染色体優性多発嚢胞腎(ADPKD)」という病気であることがあります。ADPKDでは長年かけて徐々に腎機能が低下するという問題があります。2014年に腎機能低下のスピードを抑えるトルバプタンという内服薬が使えるようになったため、早期に治療をはじめると、腎臓の機能を長く保てる可能性があります。

2. 何科を受診したらよいか 

主に消化器内科で検査を受けられます。一般的な内科でも対応可能な場合も多いので、まずは、かかりつけの内科のお医者さんに相談するのもよいです。

3. 肝のう胞の精密検査の費用はどれくらいかかるのか

肝のう胞の主な精密検査は画像検査です。ここでは、画像検査にかかる費用について自己負担が3割の人の概算を示します。(2019年10月現在)

  • 腹部超音波検査造影検査をしない場合):3000-4000円程度
  • 造影CT検査:9000-11000円程度
  • 造影MRI検査:10000-12000円程度

画像以外の検査や診察、処方などがあれば別途費用がかかります。上記はあくまでも目安なので、実際の費用は医療機関に確認してください。