にょうどうえん
尿道炎
原因微生物が尿道に感染し、炎症を起こした状態。主に淋菌やクラミジアが原因となる。
5人の医師がチェック 98回の改訂 最終更新: 2018.02.10

尿道炎

尿道炎は主に男性の性病として知られている病気です。ここでは尿道炎の症状や原因、検査、治療、加えて再発予防の方法などについて解説します。

尿道炎は男性の性病?症状・原因・検査・治療など

尿道炎は主に男性の性病として知られている病気です。ここでは尿道炎の症状や原因、検査、治療、加えて再発予防の方法などについて解説します。

尿道炎の症状:淋菌性尿道炎とクラミジア尿道炎の症状の違いなど

尿道炎の症状は排尿時の痛みや尿道から膿がでるなどです。尿道炎の原因は淋菌とクラミジアが多いですが、それぞれで症状の特徴が異なります。ここでは淋菌性尿道炎とクラミジア尿道炎の症状の違いなどを解説します。

尿道炎の原因:淋菌・クラミジアなど

尿道炎の多くは性病です。性行為で感染する淋菌やクラミジアが尿道炎の原因となります。しかし尿道炎には他にも原因があります。たとえば結石や尿道がんによって起こることもあります。ここでは尿道炎の原因について解説します。

尿道炎の検査:診察・尿検査や調べておくべき病気(梅毒、HIVなど)

尿道炎の検査の目的は、尿道炎かどうかを確かめることや、尿道炎が起きている原因について調べることです。このページでは尿道炎の診断に用いる検査について解説し、尿道炎とともに調べておくべき病気についても解説します。

尿道炎の治療:抗菌薬治療(セフトリアキソン、アジスロマイシンなど)

尿道炎の原因は、ほとんどが淋菌やクラミジアのような細菌による感染症です。細菌感染に対しては抗菌薬を用いて治療します。ここでは尿道炎の治療に用いる抗菌薬や治療中の注意点などについて解説します。

尿道炎の治療を受ける時の注意点

尿道炎の多くは抗菌薬(抗生物質、抗生剤)を用いて治療をします。尿道炎の治療を受けるにあたってはいくつか注意点があります。ここでは尿道炎の治療中だけではなく治療前後を含めた注意点について解説します。