せいきへるぺす
性器ヘルペス
陰部に単純ヘルペスウイルスが感染することによって起こる病気。単純ヘルペス感染症の一種
8人の医師がチェック 101回の改訂 最終更新: 2017.12.06

性器ヘルペスの治療薬情報

ウイルス感染であるため抗菌薬は無効である。ヘルペス感染には抗ウイルス薬が存在し、主に使用されるのは以下である。ただし、自然治癒することもあるため、必ずしも治療を必要としない場合も多い。<br>AIDS患者におけるヘルペス感染症治療や再発予防に関しては、感染症を専門としている医者に相談することが望ましい。

使用が推奨される治療薬の例

初発治療の場合

    ファムシクロビル

    ファムシクロビル

    投薬期間の目安

    7-10日間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 250mg/3回

    実際の商品例を調べる

再発の治療の場合

    ファムシクロビル(5日投与)

    ファムシクロビル

    投薬期間の目安

    5日間

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 125mg/2回

    実際の商品例を調べる

    ファムシクロビル(1日投与)

    ファムシクロビル

    投薬期間の目安

    1回

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 1000mg/1回

    実際の商品例を調べる

再発予防の場合(年間6回を超えて発症する場合には再発予防を行うことがある)

    アシクロビル

    アシクロビル

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 400mg/2回または200mg/3回

    ファムシクロビル

    ファムシクロビル

    投与量・回数の目安

    腎機能(CCR) 1回投与量/1日投与回数
    CCR>50 250mg/2回

    実際の商品例を調べる