あれるぎーせいけつまくえん(しゅんきかたるをふくむ)
アレルギー性結膜炎(春季カタルを含む)
目の結膜でアレルギー反応が生じて、炎症の起こる病気
11人の医師がチェック 128回の改訂 最終更新: 2019.11.08

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は眼の結膜アレルギー反応が起きている状態です。花粉などが原因で毎年同じ季節に症状が起こる「季節性アレルギー性結膜炎」と、季節に関係なく存在するダニなどが原因で症状が起こる「通年性アレルギー性結膜炎」の2つに分類されます。ここではアレルギー性結膜炎の分類と、症状、原因、検査、治療などについて詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎は眼の結膜でアレルギー反応が起きている状態です。花粉などが原因で毎年同じ季節に症状が起こる「季節性アレルギー性結膜炎」と、季節に関係なく存在するダニなどが原因で症状が起こる「通年性アレルギー性結膜炎」の2つに分類されます。ここではアレルギー性結膜炎の分類と、症状、原因、検査、治療などについて詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎の主な症状は目のかゆみ、異物感、目やにです。目の痛みやまぶたの腫れなどは起こりにくく、これらの症状が伴った場合には別の病気が疑われます。ここではアレルギー性結膜炎で起こりやすい症状について詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎の原因となる主なアレルゲンは、花粉、ダニ、ハウスダスト、ペットの毛などです。ここではアレルギー性結膜炎が起こる仕組みから、原因となる物質について詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎の検査

アレルギー性結膜炎の診断では症状の確認が最も重要です。特定の物質に対してアレルギーの可能性があるかどうかを確認するために、血液検査や皮膚テストをすることもあります。ここではアレルギー性結膜炎が疑われた人が受ける検査について詳しく説明します。

アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎では点眼薬による薬物治療が中心になります。アレルギー性鼻炎が同時に生じている人や、点眼薬では症状が治らない人には内服薬が追加されます。最近では処方薬と同じ成分が含まれている薬が市販薬として購入できるようになりました。ここではアレルギー性結膜炎の治療について、市販薬を含めて説明します。

アレルギー性結膜炎の人が知っておくとよいこと

アレルギー性結膜炎になったら、コンタクトはしても良いのか、目は洗ったほうが良いのかなど気になることが出てくると思います。このような生活に関わる疑問をはじめ、アレルゲンを遠ざける方法、治療に関わる注意点など、アレルギー性結膜炎になった人が知っておくとよいことについて、このページで詳しく説明します。