きゅうせいいちょうえん
急性胃腸炎
下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
21人の医師がチェック 158回の改訂 最終更新: 2018.02.09

急性胃腸炎

急性胃腸炎は胃腸の炎症が急に起こる病気の総称です。腹痛・嘔吐・下痢などを中心に症状が現れます。原因はさまざまで、ウイルス感染・細菌感染・ストレス・薬剤の副作用などが主なものになります。

急性胃腸炎とは?原因、症状、検査、治療、食べ物など

急性胃腸炎は胃腸の炎症が急に起こる病気の総称です。腹痛・嘔吐・下痢などを中心に症状が現れます。原因はさまざまで、ウイルス感染・細菌感染・ストレス・薬剤の副作用などが主なものになります。

急性胃腸炎の症状にはどんなものがあるか:下痢、嘔吐、腹痛、発熱など

急性胃腸炎になるとさまざまな症状が出ます。腹痛や下痢などのお腹の症状から発熱や意識朦朧(もうろう)といった全身の症状などがあります。このページでは急性胃腸炎によって起こる症状について説明します。

急性胃腸炎の原因は?感染性胃腸炎、薬剤性胃腸炎、異物による胃腸炎など

急性胃腸炎は、胃腸に炎症が突如として現れてさまざまな症状を呈します。また、胃腸に起こる炎症の原因には多くのものが考えられます。このページでは感染性と非感染性に分けて、胃腸炎を原因別に説明します。

急性胃腸炎の検査はどんなことを行う?

急性胃腸炎が疑われて医療機関にかかるとさまざまな検査を行います。最も大切なものは問診と身体診察ですが、他には画像検査や細菌検査などを行います。このページでは検査について詳しく説明します。

急性胃腸炎にはどんな治療をする?

急性胃腸炎になっても治療の必要が無いことは多いです。一方で、診察を受けた後に治療することがあります。どういったときに治療を受けることになるのでしょうか、また治療にはどういったものがあるのでしょうか。

子供が急性胃腸炎になったらどうしたら良い?

子どもが急性胃腸炎になることは多いです。子どもは免疫機構が確立していなかったり脱水になりやすくなっていたりするため、大人よりも注意が必要です。このページでは子どもの急性胃腸炎で原因や症状、注意するべき点について説明します。

急性胃腸炎に悩んでいる人が気をつけたい生活習慣:食べ物、飲み物、予防、感染性など

自分や家族が急性胃腸炎になったときにどういった生活をしたら良いでしょうか。また、急性胃腸炎になりにくいようにするには何か心がけることはあるでしょうか。このページでは日常生活における注意点を説明します。