ばせどうびょう(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
16人の医師がチェック 195回の改訂 最終更新: 2022.12.22

甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症の原因、症状、治療

甲状腺機能亢進症の症状は脈が速くなる、汗が出るなどです。甲状腺機能低下症の症状は脈が遅くなる、皮膚が乾燥するなどです。ほか筋力低下や生理不順など、気を付けたい症状と原因となる病気を説明します。

1. 甲状腺機能とは?

甲状腺(こうじょうせん)は、のど元にある大きさ4cmほどの臓器です。

甲状腺の場所の画像:甲状腺は首の前側、のどぼとけの下、気管の前面で左右の頚動脈の間にある

甲状腺の働きは甲状腺ホルモンを作ることです。甲状腺ホルモンは身体を元気にするホルモンで、量が多すぎても少なすぎても身体の調子は悪くなります。詳しくは「甲状腺ホルモンとは?甲状腺の働きと血液検査の読み方」で説明しています。

甲状腺ホルモンが多いとどうなる?

甲状腺が働きすぎて、甲状腺ホルモンを過剰に作ってしまうことを甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)と言います。甲状腺機能亢進症では、身体が元気になりすぎて困る症状が出ます。

甲状腺ホルモンが足りないとどうなる?

甲状腺がうまく働かず、甲状腺ホルモンを十分に作れないことを甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)と言います。甲状腺機能低下症では、身体の元気がなくなる症状が出ます。

甲状腺の病気になりやすい人は?

甲状腺の病気は女性に多く、特に20代から60代までの女性に多いです。女性は特に、甲状腺の異常で出やすい症状に気を付けてください。

2. 甲状腺機能亢進症の場合によく出る症状

甲状腺機能亢進症で出やすい症状を場所ごとに挙げます。

    • 顔面が紅潮しやすくなる
  • 皮膚
    • かゆみが出る
    • 毛が抜ける
    • 皮膚が黒くなる
    • 汗をかく
  • 筋肉
    • 筋力が低下する
    • 手足が震える
    • 力が入りにくくなる
    • 麻痺する
  • 心臓
    • 脈が早くなる
    • ドキドキする
    • すぐに息切れするようになる
  • 胃腸
    • 食欲が増す/落ちる
    • 口が乾く
    • 便の回数が増える
  • 心理
    • イライラする
    • 集中力が落ちる
    • 落ち着かない気持ちになる
    • 眠れなくなる
  • 全身
    • 暑がりになる
    • 疲れやすくなる
    • だるさが出る
    • 体重が減る

当てはまる症状が多ければ、甲状腺機能亢進症が疑われます。ただし、甲状腺機能亢進症の症状にはほかの病気などでよく出るものも多く、症状が当てはまっているだけで甲状腺機能亢進症だと決めることはできません。

3. 甲状腺機能低下症の場合によく出る症状

甲状腺機能低下症で出やすい症状を挙げます。

  • だるくなる
  • 寒がりになる
  • 気力がなくなる
  • むくむ
  • 体重が増加する
  • 便秘になる
  • 脈が遅くなる
  • 生理が不順になる
  • 皮膚が乾燥する

当てはまる症状が多ければ、甲状腺機能低下症が疑われます。ただし、甲状腺機能低下症の症状にはほかの病気でも出やすいものが多く、症状が当てはまるだけで甲状腺機能低下症だと決めることはできません。

4. 甲状腺機能亢進症の原因

甲状腺機能亢進症を起こす病気の代表格はバセドウ病です。ほかの無痛性甲状腺炎亜急性甲状腺炎プランマー病とあわせて危険性や特徴を説明します。

バセドウ病

バセドウ病は甲状腺機能亢進症の中で最も多い病気です。甲状腺機能亢進症の症状に加えて、目が飛び出す症状(眼球突出)や甲状腺が腫れて大きくなることがあればバセドウ病の可能性が高いです。

治療は、主に薬物治療・アイソトープ治療・手術の3種類です。バセドウ病の症状について詳しくは「バセドウ病の初期症状は甲状腺の腫れ?目、首、震え、汗、生理にも注意」で説明しています。

無痛性甲状腺炎

無痛性甲状腺炎は、何らかの原因で甲状腺の細胞が破壊されて、甲状腺の細胞内にあった甲状腺ホルモンが溢れ出てくる病気です。

数ヶ月で自然に治りますが、まれに甲状腺機能が元に戻らないことがあります。甲状腺機能が正常に戻る前に一旦甲状腺ホルモンが減って、甲状腺機能低下症の症状が出ることもあります。症状が強いときや、自然に治らない場合には甲状腺ホルモンを飲む治療が必要になることがあります。

亜急性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎は、甲状腺の細胞が破壊されてしまうことで、甲状腺ホルモンが過剰な状態になります。無痛性甲状腺炎と違って甲状腺に痛みが伴います。40-50代の女性に多い病気で、子供はあまり亜急性甲状腺炎になりません。

甲状腺ホルモンが過剰になった状態からしばらくすると甲状腺ホルモンが減って、甲状腺機能低下症の症状が出ます。ほとんどは自然に治りますが、甲状腺機能低下症のまま元に戻らないことがあります。

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンを飲み薬で補充することで治療できます。

プランマー病

甲状腺のしこりができる病気です。がんではありません。しこりの中では甲状腺ホルモンが盛んに作られています。バセドウ病と違い眼球突出は起こりません。

治療は主に手術です。アイソトープ治療、薬もあります。

5. 甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症の原因で最も多いのは橋本病です。ほか赤ちゃんに注意が必要なクレチン症についても説明します。

橋本病

橋本病は女性に非常に多い病気で、成人女性の5%前後は橋本病と考えられています。バセドウ病と同じく甲状腺が腫れて大きくなります。

橋本病甲状腺機能低下症になっている人は、甲状腺ホルモンを飲み薬で補充すれば症状が改善します。詳しくは「甲状腺が腫れる「橋本病」とは?症状で見るバセドウ病との違い」で説明します。

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)

先天性甲状腺機能低下症は生まれつき甲状腺ホルモンが足りない病気です。日本では3000人から4000人に1人の確率で赤ちゃんが先天性甲状腺機能低下症を持って生まれます。

先天性甲状腺機能低下症は赤ちゃんの成長に非常に重要な影響があるので、生まれて5日以内に検査をする制度があります。足の裏から血液を1滴取って検査すると見つけられます。

子供が甲状腺ホルモンの足りない状態になると成長不良になります。そのため、先天性甲状腺機能低下症を持って生まれた子供は、生まれた時から甲状腺ホルモンを飲み続ける必要があります。多くの子供で甲状腺ホルモンは一生飲み続けることが必要になります。

ヨードの摂りすぎ

ヨード(ヨウ素)が多い食品を毎日のように摂り過ぎた場合も甲状腺機能低下症になることがあります。食事を改善すれば治ります。

詳しくは「バセドウ病にいい食事はある?甲状腺とヨードの関係」で説明しています。

6. 甲状腺の病気かなと思ったら

甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症の症状や、原因の病気が心配になったときは、代謝内分泌内科などの病院・クリニックを受診してください。

問診では「どんな症状が出ているのか」「いつから症状が出ているのか」や「過去にどんな病気にかかっているのか」「家族に甲状腺の病気の人はいるのか」「飲んでいる薬はあるか」を聞かれます。あらかじめメモを取って持って行ったり、頭の中で整理しておくと良いです。