ばせどうびょう(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
16人の医師がチェック 195回の改訂 最終更新: 2022.12.22

甲状腺が腫れる「橋本病」とは?症状で見るバセドウ病との違い

橋本病甲状腺が腫れて疲れやすくなる症状が出ます。バセドウ病の症状と似ていますが、見分けるポイントは脈拍、体温、体重の変化などです。甲状腺の病気として代表的な橋本病とバセドウ病の共通点と違いを説明します。

1. 橋本病の症状

橋本病は以下の症状や特徴に当てはまる人で考えられます。

  • 女性
  • 甲状腺が腫れている
  • だるい、疲れやすい、ボーっとする
  • 便秘
  • 体温が36℃未満
  • 脈拍が1分に60回未満
  • 体重が最近1か月で1kg以上増えた

「女性」という特徴があるのは、橋本病が男性よりも女性に数倍ほど多いためです。男性にも橋本病はありますが、女性のほうが橋本病が考えやすいと言えます。同じように、ほかの症状がほかの病気などで現れることも考えられますが、当てはまるものが多ければ、橋本病の可能性もあります。橋本病が心配な時は代謝内分泌内科などで相談できます。

このページでは橋本病の症状やバセドウ病との違いを説明します。

2. 甲状腺機能低下症とは

橋本病は体の免疫システムに異常が生じて、自分の臓器を間違って攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。橋本病では甲状腺が自分の免疫の攻撃にさらされるため、さまざまな症状が現れます。つまり、免疫の異常が橋本病の原因と言えます。しかし、そのような異常が生まれるそもそもの原因はわかっていません。

甲状腺はのどの前にあります。橋本病では甲状腺が全体的に腫れて、触ると膨らんでいるのがわかります。

甲状腺の場所の画像:甲状腺は首の前側、のどぼとけの下、気管の前面で左右の頚動脈の間にある

甲状腺は身体を活発にする甲状腺ホルモンというホルモンを作っています。

橋本病では、甲状腺が攻撃を受けて甲状腺ホルモンが少なくなってしまうので、脈が遅くなる、体温が下がる、体重が増える、疲れやすくなるなどの症状が出ます。甲状腺ホルモンが少なくて症状が出ることを甲状腺機能低下症と言います。

甲状腺機能低下症は甲状腺の腫れ以外に目に見える症状が出にくいので、なんとなく元気がないと思って人に相談してもわかってもらえず、つらい思いをすることがあります。

橋本病は誰でもかかりやすい病気です。特に女性ではよくあります。男性より女性が10倍近くかかりやすく、若い女性も高齢の女性も橋本病になります。

3. 橋本病とバセドウ病はなぜ紛らわしいのか

橋本病バセドウ病は共に甲状腺の病気です。原因も症状も似ているので、お医者さんでも区別に迷うことがあります。とても紛らわしいのでお医者さんの説明を聞いてもわかりにくいかもしれません。

橋本病とバセドウ病が似ているポイントをまず押さえましょう。

甲状腺が腫れる

橋本病もバセドウ病も甲状腺の腫れる病気です。甲状腺の腫れ方は、左右片側が腫れるのではなく両側が全体的に腫れます。甲状腺の全体が腫れる原因はおおよそ橋本病かバセドウ病です。

自己免疫の病気である

橋本病もバセドウ病も免疫システムが自分の臓器を間違って攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。異常な免疫により攻撃される場所が違うので、症状の違いが現れます。

女性に多い

橋本病もバセドウ病も女性に多い病気です。また、女性の中でも20-60代に多いことも特徴的です。そのため、女性の甲状腺が腫れた場合は、どちらの病気も高い確率であり得ることになります。

4. 橋本病とバセドウ病の見分け方

橋本病とバセドウ病をどうやって見分ければいいのでしょうか。ポイントはかかる人の数、検査値、症状です。

橋本病の方が圧倒的にかかりやすい

バセドウ病という病気は非常に有名ですが、実は橋本病の方が患者の数が多いです。橋本病はすべての人のうち5%前後がかかります。バセドウ病にかかる人は橋本病の10分の1以下です。紛らわしい場合の大部分は橋本病だということになります。

橋本病は甲状腺機能低下症でバセドウ病は甲状腺機能亢進症

橋本病とバセドウ病では検査値に逆方向の異常が出ます。

橋本病甲状腺機能低下症を起こします。つまり、甲状腺ホルモン(fT3、T3、fT4、T4)の数値が異常に低くなります。正常な甲状腺は甲状腺刺激ホルモン(TSH)の指令を受けて甲状腺を作るのですが、橋本病では甲状腺が働かないので身体は甲状腺をもっと働かせようとしてTSHをたくさん出します。そのため検査ではTSHの数値が高くなるのも橋本病の特徴です。

バセドウ病は甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)と言って、甲状腺ホルモンが異常に多くなってしまう病気です。甲状腺ホルモン(fT3、T3、fT4、T4)の数値は異常に高くなります。

身体は甲状腺がそんなに働かなくていいと思って甲状腺刺激ホルモン(TSH)を減らします。そのためバセドウ病ではTSHの数値が低くなります。

甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症の原因、症状、治療」で詳しく説明しています。

症状が違う

橋本病とバセドウ病は症状が違います。表にまとめます。

表 バセドウ病と橋本病の症状の比較

 

バセドウ病

橋本病

甲状腺

腫れる

腫れる

早い

ゆっくり

体温

高温
暑がりになる

低温
寒がりになる

食欲

強い

弱い

体重

減少

増加

便

排便回数が
増加

便秘

疲労感

疲れやすい

疲れやすい

増える

出にくい

気持ち

ピリピリする

ボーっとする

橋本病でもバセドウ病でも甲状腺が腫れることと疲れやすくなることは同じです。

ひとつひとつ覚えようとすると大変ですが、大まかには橋本病は元気がなくなる病気、バセドウ病は身体が活発になりすぎて疲れてしまう病気です。

症状の違いからも橋本病とバセドウ病を区別できます。バセドウ病の症状は「バセドウ病の初期症状は甲状腺の腫れ?目、首、震え、汗、生理にも注意」で説明しています。

5. 橋本病とバセドウ病が見分けにくいもうひとつの理由

まれですが、実は橋本病なのにバセドウ病とそっくりの症状が出ることがあります。

橋本病では甲状腺の細胞が異常な免疫により破壊されます。甲状腺の細胞は、もともと大量の甲状腺ホルモンを蓄えているので、甲状腺の細胞が破壊されることにより一時的に大量の甲状腺ホルモンが血中に放出されます。

このため橋本病なのに一時的に甲状腺ホルモンが多い状態になり、バセドウ病に似た症状が出ることで、症状と血液検査からは区別がつきにくくなります。

甲状腺機能亢進症の症状があると思って病院に行ったときに「橋本病です」と言われて意外に思ったら、「放っておいたらどうなりますか?」と聞いてみましょう。「だんだん元気がなくなってきます」といった答えが返ってくるはずです。