ばせどうびょう(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
16人の医師がチェック 195回の改訂 最終更新: 2022.12.22

バセドウ病と紛らわしい甲状腺の病気にはこんなものがあります

バセドウ病は甲状腺が腫れて、甲状腺ホルモンが過剰になる病気です。バセドウ病は多彩な症状が出るため、バセドウ病と思っていても実は違った病気だったということがあります。バセドウ病と間違いやすい病気について解説していきます。

甲状腺が腫れる「橋本病」とは?症状で見るバセドウ病との違い

橋本病は甲状腺が腫れて疲れやすくなる症状が出ます。バセドウ病の症状と似ていますが、見分けるポイントは脈拍、体温、体重の変化などです。甲状腺の病気として代表的な橋本病とバセドウ病の共通点と違いを説明します。

甲状腺がんの症状は? プランマー病などの甲状腺腫瘍との見分け方

甲状腺がんの症状は、甲状腺の硬い塊のほか、声がかれるなどがあります。ほかの甲状腺腫瘍と甲状腺がんを区別するには検査が必要ですが、症状も参考になります。プランマー病などの甲状腺腫瘍との症状の違いを説明します。