ばせどうびょう(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
16人の医師がチェック 195回の改訂 最終更新: 2022.12.22

バセドウ病が気になる方へ

バセドウ病という名前を知っている人は多いかも知れません。バセドウ病を公言している芸能人もいて、病名が広く知られてきています。一体どういった病気なのでしょうか?原因から症状、治療まで説明していきます。

バセドウ病の原因は? 年齢、性別、ストレス、タバコなどとの関係

バセドウ病の原因は免疫の異常です。異常な抗体により甲状腺が刺激され、甲状腺ホルモンが過剰に出てしまうことで、目が飛び出る、汗をかくなどの症状があらわれます。バセドウ病になりやすい年齢、性別などとあわせて説明します。

バセドウ病の初期症状は? 甲状腺の腫れ、目、首、震え、汗、生理にも注意

バセドウ病の特徴的な症状は甲状腺の腫れと眼球突出です。しかし、眼球突出があらわれる人は3割程度にすぎず、初期症状で病気に気付くには、体重・体温・脈拍の変化、手の震え、生理不順にも注意してください。症状は更年期障害などと似ています。手術や薬で治療すれば妊娠・出産もできます。

バセドウ病の診断方法は? 症状、甲状腺の検査でわかること、検査を受けることのできない人

目が飛び出す症状はバセドウ病では出ないことのほうが多いです。ほかの症状を手がかりに、甲状腺の検査をすることで診断がつきます。血液検査やアイソトープ検査からわかることを説明します。

バセドウ病の治療:手術、薬、アイソトープ治療

バセドウ病の治療法は主に手術、薬、放射線療法の3種類です。手術は妊娠中や早く治したいときに適しています。放射線療法は妊娠中・授乳中に使えないほか、食事の注意があります。薬の効果・副作用とあわせて説明します。

バセドウ病でよくある疑問:完治するのか、良い食事はあるか、治療期間、再発、妊娠についてなど

バセドウ病は再発することのある病気です。しかし、治療で目や全身の症状は改善しますし、妊娠もできます。治療中の生活上の注意とともに、よくある疑問についてお答えします。