[医師監修・作成]痛風とは?症状、原因、検査、治療など | MEDLEY(メドレー)
つうふう
痛風
血液中の尿酸が結晶化し、急激な関節の痛みと炎症を起こすこと。足の親指の付け根、足首、膝に症状が出やすい
17人の医師がチェック 226回の改訂 最終更新: 2022.08.08

痛風とは?症状、原因、検査、治療など

痛風は足の親指の付け根などに突然激しい痛みが出る病気です。関節などで尿酸が結晶になることが原因です。治療には安静、アイシング、患部の挙上による対処法やNSAIDsステロイドなどの薬物療法があります。

1. 痛風とはどんな病気か?

痛風は尿酸が体内で結晶となり、関節などで炎症を起こす病気です。足の親指の付け根などに突然激しい痛みの発作(痛風発作)が出ることが、痛風の典型的な症状です。

痛風:尿酸の結晶で炎症が起きている状態

痛風により炎症が起きた関節では痛みが出るだけでなく、腫れたり、皮膚が赤みを帯びたり、熱を持ったりすることもあります。これらの関節の痛みや腫れは症状が始まってから2-3時間程度で急激に悪くなります。その後、症状は24時間以内にピークに達し、1-2週間程度で良くなっていきます。

痛風の症状が現れている際には、安静にしたり、抗炎症薬を使ったりして早く炎症が治るようにすることが大切です。

尿酸とは何か?

尿酸はプリン体が分解される過程で産生される物質です。プリン体は、細胞の中にあるDNAやRNAと呼ばれる生き物の設計図になる物質を作るために必要なものです。つまり、プリン体は生きる上で必要なものであると言えます。

プリン体は食べ物に含まれており食事から摂取されることで身体の中に取り込まれます。また要らなくなったプリン体は尿酸に分解され、腎臓から排泄されます。しかし、食べ物から取り込まれるプリン体の量が過剰に多くなったり、腎臓から排泄される尿酸の量が減ったりすると、血液中の尿酸の濃度が高くなります。この状態を高尿酸血症と呼びます。高尿酸血症は痛風が起こりやすい状態なので、痛風を繰り返す場合には高尿酸血症の治療が必要になります。

2. 痛風の症状

痛風の症状には関節の痛み・腫れや皮膚のしこりがあります。以下では痛風で起こる関節の痛み・腫れや皮膚のしこりの特徴について簡単に説明します。

関節の痛み・腫れ

痛風は尿酸の結晶が関節の中でできることで関節の痛みや腫れを引き起こします。典型的には、足の親指の付け根などに突然激しい痛みの発作(痛風発作)が出ます。あまりの激痛で発作が起きている場所は触ることもできないことがほとんどです。痛みのため歩くのも、靴を履くのも困難になります。

痛風発作は足の親指以外にも膝、足首、手首などに痛みが現れることがあります。複数の関節に症状が出ることもありますが、多くは1箇所の関節のみ症状があられます。

痛風により炎症が起きた関節は痛みが出るだけでなく、腫れたり、皮膚が赤みを帯びたり、熱を持ったりすることもあります。これらの関節の痛みや腫れは症状が始まってから2-3時間程度で急激に悪くなります。その後、症状は24時間以内にピークに達し、1-2週間程度で良くなっていきます。痛風発作が起きるのは夜中から朝方にかけてのことが多いです。

皮膚のしこり

痛風によって、痛風結節と呼ばれる皮膚のしこりができることがあります。痛風結節は皮膚の下や関節に尿酸の結晶が蓄積することによりできます。

痛風結節はある日突然できるわけではなく、痛風発作を繰り返した場所に徐々にできてくることが多いです。他にも耳たぶの皮膚にできることもあります。

痛風結節ができた場合には他の悪い皮膚のしこりと見極めるため、切除し病理検査されることがあります。病理検査とは取ってきた組織を顕微鏡で観察して調べることです。

最近では高尿酸血症の治療もしっかり行われるようになったことから、以前より痛風結節ができるほどの痛風の人は減ってきています。

症状の章」では他にも痛風による腎障害や、痛風の発作の前触れの症状についても説明しています。

3. 痛風の原因

痛風は関節などに尿酸の結晶ができることで起こります。私たちの身体は尿酸の結晶を異物として認識するため、白血球が集まり除去が試みられます。この尿酸の結晶の除去の過程で関節などの痛みや腫れ、熱さなどが起こります。

では、身体の中で尿酸の結晶はどのような時にできやすいのでしょうか。尿酸の結晶ができやすいのは血液中の尿酸の濃度が高い状態が続いている時や尿酸の濃度が変化する時であると言われています。具体的には以下に該当する場合は痛風発作に注意です。

  • 高尿酸血症がある時
  • 脱水を起こしている時
  • 過食した時
  • アルコール飲料を摂取した時
  • 利尿薬、尿酸降下薬などを開始した時

原因の章」ではそれぞれの状況と痛風の関係についても説明しています。

4. 痛風の検査

痛風が疑われた場合には問診、身体診察、血液検査、X線検査、関節液検査を通して痛風の可能性を吟味していきます。またこれらの検査は痛風の診断だけでなく、痛風の状態の評価や治療方針の決定にも役立てられます。

問診

問診とは医師などの質問に答える形で身体の状態や生活背景を伝えることをいいます。痛風が疑われる場合には、以下のポイントをよく聞かれます。

  • どのような症状があるか
  • 症状の時間経過はどのようなものか
  • きっかけはあるか
  • もともと持病があるか
  • 飲んでいる薬は何かあるか
  • 日頃どれくらいお酒を飲むか
  • 家族で何か病気を持っている人はいるか
  • アレルギーがあるか
  • 妊娠はしているか

これらの問診を通して症状や生活背景から痛風であるかを判断していきます。また妊娠している場合や薬に対してアレルギーがある場合には治療薬の選択が限られる場合があります。わかる範囲で構いませんので、診察時に説明するようにしてください。

身体診察

身体診察は病気の原因を特定するために身体の状況を客観的に評価することをいいます。

問診の次には身体診察を通して痛風の可能性があるか吟味していきます。

痛風が疑われた時は関節や皮膚の診察が特に重要です。具体的には以下のポイントに注意しながら診察が行われます。

  • 触れると痛みを感じる、または触れることができないほど痛い関節があるか
  • 腫れている関節があるか
  • 熱を持つ関節があるか
  • 皮膚の色に変化はあるか

身体診察の結果から次に行うべき検査内容を決めていきます。

血液検査

血液検査は痛風でよく行われる検査の一つです。血液検査を行うことで痛風であるかをより正確に予測することができますし、治療薬を選択する上でも重要です。詳しい検査内容については「検査の章」で説明しています。

X線検査(レントゲン検査)

痛風では症状のある関節のX線検査を行われることがあります。X線検査は放射線を用いて身体の内部の状態を調べる検査です。痛風で行われる関節のX線検査では主に骨の状態を調べます。痛風は繰り返していると骨が壊れてしまうことがあるためです。

X線検査の撮影に要する時間はわずか数秒です。X線検査は放射線を用いる検査であるため被曝の問題がありますが、その被曝量はわずかです。具体的には通常1回のX線検査での人体への影響量は0.2mSv程度です。これは飛行機でニューヨークと東京を往復したときに被曝してしまう量と同じくらいです。1回のX線検査での被曝量は生活の中での被曝量と大きく変わりないと言えます。

関節穿刺・関節液検査

痛風の関節の腫れは関節に関節液と呼ばれる水がたまることで起こります。一方で関節に水がたまる病気は痛風だけでなく、痛風と区別が必要な病気に化膿性関節炎細菌性関節炎)があります。化膿性関節炎は細菌が関節に入ることで腫れる病気です。痛風も化膿性関節炎も症状が急激に悪くなる、腫れる関節が一箇所であることが多いと言った似た特徴を有します。一方、治療面では痛風はNSAIDsで治療されるのに対し、化膿性関節炎抗菌薬で治療されます。このように治療法が大きく異なることから、痛風と化膿性関節炎をを区別する目的で関節液の中身を調べる検査(関節液検査)が行われます。関節液検査のためには腫れている関節に針を刺し、関節液を回収する必要があります。この作業は関節穿刺(せんし)と呼ばれます。関節液検査や関節穿刺の詳しい内容、検査の流れ、合併症などは「検査の章」で詳しく説明しています。

5. 痛風の治療

痛風は尿酸が体内で結晶となり、関節などで炎症を起こす病気です。あまりの激痛のため歩くのも、靴を履くのも困難になります。また痛風は発作を繰り返していると関節の形が変わってしまいます。そのため、痛風発作が起きた場合には、なるべく早く炎症が引くようにし、また繰り返さないための対応が必要になります。痛風の治療には安静、アイシング、患部挙上といった対処法と薬物療法があります。薬物療法ではNSAIDs、ステロイド、コルヒチンを中心に使います。痛風発作に漢方薬が用いられる場合もあります。

痛風発作が起きた時の対処法や薬物療法については「治療の章」で詳しく説明します。

6. 痛風の注意点

痛風は発作が起こると歩くのが困難なほどの関節の腫れや痛みになります。また痛風は発作を繰り返すことで関節が壊れ、形が変わってしまうことがあります。痛風の症状を早く良くし、再発を防ぐ上で知っておくべきポイントには以下のものがあります。

  • 発作時に早く受診する
  • 発作時には運動や入浴を避ける
  • 高尿酸血症を治療する

以下ではこれらのポイントについて説明します。

発作時に早く受診する

痛風は関節の腫れや痛みの症状が現れはじめたらNSAIDsやステロイドなどの薬を使い炎症がなるべく早く引くようにします。痛風の薬は早いタイミングから飲み始めた方が症状

が良くなるのも早いです。そのため、痛風発作が起きたらなるべく早く医療機関を受診することが重要です。

発作時には運動や入浴を避ける

痛風は発作が出ている時に関節に負担をかけることで症状が悪くなります。痛風の発作が起きている時は安静が原則であり、運動は避けるようにしてください。またお風呂などで温めることも痛風の症状を悪くする原因になるので、発作が起きている時の入浴は控えるようにしてください。

高尿酸血症を治療する

痛風の再発予防のためには高尿酸血症の治療をしっかり行う必要があります。

高尿酸血症の治療には食事療法、運動療法、薬物療法があります。食事療法は尿酸のもとになる栄養素であるプリン体の摂り過ぎやお酒の飲み過ぎに注意するなど適切な食事を行うことで高尿酸血症の改善を目指す治療法です。運動療法ではジョギングなどの有酸素運動を行います。薬物療法では尿酸の生成を抑えたり、尿酸の身体の外への排泄を促進する薬を飲むことで、尿酸値の改善を目指します。

高尿酸血症やその治療法については「高尿酸血症の詳細記事」で詳しく説明しています。

また「注意点の章」では「痛風になりやすいのはどのような人か」、「痛風に対してサプリメントは効果があるか」についても説明しています。