[医師監修・作成]心筋梗塞 | MEDLEY(メドレー)
しんきんこうそく
心筋梗塞
心臓の筋肉に酸素を送る血管(冠動脈)が詰まってしまい、組織が壊死すること。突然死の原因になる
33人の医師がチェック 377回の改訂 最終更新: 2021.12.15

心筋梗塞

心筋梗塞は死亡することもある危険な病気ですが、できるだけ早く治療すると良いことが分かっていますので、心筋梗塞について詳しくなることが大切です。 ここでは心筋梗塞の症状や検査、治療法、注意点などを説明します。

心筋梗塞とはどんな病気なのか?原因、検査、治療など

心筋梗塞は死亡することもある危険な病気ですが、できるだけ早く治療すると良いことが分かっていますので、心筋梗塞について詳しくなることが大切です。 ここでは心筋梗塞の症状や検査、治療法、注意点などを説明します。

心筋梗塞の際に経験しやすい症状:胸の痛み、肩の痛み、息切れなど

心筋梗塞になると胸痛などの症状が出現することが多いです。しかし、胸痛以外にも肩の痛みや歯の痛み、息切れなどの症状が出ることもあります。 このページでは心筋梗塞が疑われるときに気をつけるべき症状について説明します。

心筋梗塞の原因にはどんなものがあるのか?

心筋梗塞は心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が詰まる病気です。冠動脈が詰まると心筋は壊死してしまい動かなくなります。このページでは冠動脈がどうして詰まるのかについて説明します。

心筋梗塞が疑われたときに行われる検査

心筋梗塞が疑われた場合にはさまざまな検査が行われます。心臓カテーテル検査や心臓エコー検査などがその代表例です。各検査ではどういった目標に基づいてどんなことを行うのかについて説明します。

心筋梗塞の治療:カテーテル治療、手術、薬物治療、心臓リハビリテーションなど

心筋梗塞の治療には多くのことが行われます。治療のポイントは閉塞してしまった冠動脈の血流を再開させることです。また、冠動脈の閉塞が再発しないことを目的とした治療も併せて行われます。

心筋梗塞の人が気をつけて欲しいこと

心筋梗塞は放置していると命に関わる病気です。また、生活の送り方と密接に関わる病気であることが分かっています。このページでは心筋梗塞と生活についてを中心に説明します。