[医師監修・作成]加齢黄斑変性の症状について:ものが歪む、中央が暗く見える | MEDLEY(メドレー)
かれいおうはんへんせい
加齢黄斑変性
網膜の中心部分(黄斑)が年齢とともに変化する。物が歪んで見えたり失明したりする
8人の医師がチェック 233回の改訂 最終更新: 2022.06.27

加齢黄斑変性の症状について:ものが歪む、中央が暗く見える

加齢黄斑変性の症状としてはものが歪んで見えたり、視野の中央が見えにくいなどがあります。一度視力が落ちてしまうと回復するのが難しいので、ものの見え方に違和感があれば、なるべく早く眼科のお医者さんに相談することが重要です。

1. 加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性は老化により黄斑変性することで、ものが見えにくくなる病気です。黄斑は眼の奥の中心部にあり、細かいものを見たりする時に重要な場所です。そのため、加齢黄斑変性症になると、視野の中心部に異常が現れることが多いです。具体的な症状を挙げると以下になります。

  • ものが歪んで見える
  • 視野の中央が見えにくい
  • 中央が暗く見える

これらの症状は片眼だけに起きることがあります。人は二つの眼を持っているので、片眼だけに加齢黄斑変性が起きた場合には、正常なもう片方の眼で視野をカバーできてしまうので、症状が見つかりにくくなることがあります。

加齢黄斑変性はものが歪んで見るという症状から始まりますが、進行すると視野の中央が見えにくくなったり、中央が暗く見えるようになっていきます。加齢黄斑変性は早期に治療をすれば、視力低下の進行を抑えることができる可能性があります。そのため、早い段階で病気を見つけ、治療を行っていくことが重要です。

2. 加齢黄斑変性を早期発見するために

加齢黄斑変性は進行すると、治療が難しくなり、視力の回復が期待できなくなってしまいます。そのため、早期発見が非常に重要です。

加齢黄斑変性の早期発見のために重要なことの一つは「ものの見えにくさに異常を感じたら早めに眼科のお医者さんに相談する」ということです。加齢黄斑変性は眼底検査などにより診断することができます。

日本眼科医会は加齢黄斑変性のセルフチェックとして、見え方チェックシート(アムスラーチャート)を公開しています。見え方チェックシートは片眼ずつで見て使います。もし、線が歪んで見えたり、マス目の一部がかけている場合には、加齢黄斑変性を含めた眼の病気が疑われます。眼科のお医者さんに相談するようにしてください。

参考
・日本眼科医会ホームページ:見え方チェックシート | 知っておきたい加齢黄斑変性―治療と予防―(2021.3.9閲覧)

3. 萎縮型と滲出型の症状の違い

加齢黄斑変性の原因について」のページで詳しく説明していますが、加齢黄斑変性には黄斑の変性のタイプにより萎縮型と滲出型の2種類があります。これら2つの見極めは非常に重要です。というのも、萎縮型の加齢黄斑変性では薬による治療がないのに対し、滲出型の加齢黄斑変性ではVEGF阻害薬の注射療法や光線力学的療法などの有効な治療があるためです。

また、萎縮型と滲出型は進行の仕方にも違いがあります。萎縮型は数ヶ月かけてゆっくりと進行していくのに対し、滲出型は数日から数週間と萎縮型より早いスピードで悪化していく点です。そのため、滲出型の加齢黄斑変性には有効な治療があると言っても、なるべく早期発見をして眼科のお医者さんに相談することが重要です。